ビッグベイト!! | メガバスブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

メガバスブログ

メガバスブログ

今年は暖冬でスポーニング (産卵) が早まる可能性大な3月の五三川。

ども sakuです!

 

 

今年は暖冬という事もあり

産卵のタイミングが分からず魚の居場所が絞りにくいのが現状。

 

そんな時魚を探す為のサーチベイト的な役割をするのが

 

『ビッグベイト』

 

メガバスには

幾つかビッグベイトはありますが個人的に1番扱いやすいのが

 

アイスライド185F(フローティングモデル)

 

これをサスペンドからスローシンキングになるよう、

ウエイトシールを貼って調整して使用しています。

 

ここでこの時期のパターンを紹介しますっ!

 

中部地区のメジャーフィールド。

 

『大江川』『五三川』には

 

①沖のブレイクライン沿いに杭

 

② 蛇籠 or 巾着 (通称:玉ねぎ)

 

この2つを重点的にチェック。

 

例えば

①沖の杭ならこの時期縦ストに張り付いてるスポーニング前のメスは浮く傾向がある。

だからサスペンドからスローシンキングにチューニングをしたアイスライド185F(フローティング)を使う理由が1つで

使い方は

杭周りでステイさせて、5秒〜10秒…待つ

そこからワンジャーク。で引ったくるっていう感じ。

 

五三、大江にはかなり多く入ってるので

ひたすら杭を打って下さい…

 

②蛇籠or巾着(通称:玉ねぎ)ですが

五三川ですとピンポイントでここ

赤で囲っているエリアが主にポイントです。

 

© OpenStreetMap contributors

 

①養鶏場前

②養老団地前

③養老団地前新護岸

(写真を参考にして下さい)

 

岸から大体沖に2〜4mぐらい入っていて

玉ねぎが重なって段差がついてたり

玉ねぎの隙間など

スポーニングする為の絶対条件。

地質的な面でもハードボトムだから

この時期は絶好のポイントですっ!

 

①玉ねぎの切れ目

②沖に向かって段差(階段状に)

③境目、隙間

(写真を参考にして下さい)

 

ルアーのトレースコースとしては

沖に向かって階段状に玉ねぎが積まれていて、徐々に深くなっています。

そこをS字アクション生かして広範囲に、引いて来て切れ目や境目でステイからジャークを入れましょう。足元注意で宜しくです。

 

僕の経験上

ジャークした瞬間にバイトが多発。 ...要注意です。

 

大江川なら

札の野ワンドがスポーニングエリア。

岸全域に玉ねぎがあるので五三同様にチェックしてみてください。

大江川の方が水質がクリアでチェイス、サイトフィッシングができると思いますっ!

 

先日、2020年3月五三川にて

 

 

ROD:LEVANTE F7-72LV

REEL:RHODIUM 81

LINE:フロロ16lb

 

ワンチャンあるから投げちゃうよね。

 

言い忘れましたがカラーは

アイスライド185FのINDICATOR PINK II

サイトするも良し、フラッシングのリアクションも良し

これが最&強。

 

そっ、そして4月末頃発売となる

 

NEW DESTROYER!!

 

俺のDES! 

F7-70X TEQUILA BACCARAC!

 

ビッグベイトやスイムベイト、マグナムクランク、ヘビーウエイトの巻物系に適してるって感じの竿です。

僕から以上となりますっ!

 

では次回釣果報告をお楽しみに。