オッチー的!春の野池のクランキングパターン | メガバスブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

メガバスブログ

メガバスブログ

こんにちは!メガバスフィールドスタッフのオッチーです。

気温も15度を越えるような日もあり春が訪れました。桜が咲き出すのも秒読みに入りましたね。さて、今回は春のキーワード「ハードボトム」をテーマにクランクベイトの釣りについて解説したいと思います。

 

 

■ クランクはここで巻け!!

 

野池でクランクベイトを巻くにあたり、まずはエリアの解説です。

基本的にはクランクベイトは波動が強いジャンルになります。濁りは完全にマスト!

濁りが発生するということは、ウィンディーサイドのポイントが多いという事。ウィンディーサイドということはベイトが寄せられやすいということになりますよね。

そこに今回のキーでもあるハードボトムが有れば、そこがクランクベイトを使う場所になります。

 

また、春のハードボトムと聞くとスポーニング場所と連想される方が多いと思いますが、今回の話はスポーニングに向けてエサを食いにきている個体を狙っていますので、いわゆるフィーディングフィシュです。

もちろんスポーニング場所になることもありますが、どちらかというと風の当たらないワンド内とかの方がスポーニング場所になります。

 

 

僕の場合はレイダウン等のカバーに絡めて使用する事が多いかったりもしますが今回はハードボトムでの話になるので、カバークランキングについては、また機会があれば解説しますね!

 


SUPER-Z=サイト!?

 

 

今回の釣行で40アップが2本釣れたSUPER-Z Z1ですが、ここ最近使っていて、これシャッドプラグのサイト的な要素が入っているのではないかと思いました。

 

サイトでシャッドプラグのサイトをする場合、直進性が高く、障害物に当たっても姿勢が安定していて、高速リトリーブに対応していることが好まれます。

この3点がSUPER-Zにも共通しています。

 

 

今回の釣行ではひたすらハードボトムに当てて巻いていて、イメージはサイト。

なので、巻き速度も早めでハードボトムにへばりつかせて早さで食わす意識で食わせました。また、1/4oz.という軽めのウエイトでもかなり飛距離が出るのでオカッパリアングラーにオススメのクランクになっています。

 

 

野池のモンスター降臨!!

 

そして最後に紹介したいのはコレ!!!

まずは魚を見て下さいww

 

 

51センチ3080gのマグナムボディー!!!

 

長さは51センチですが、3080gはすごい!!!

 

 

 

ちなみに46センチも釣りましたよ。

 

P

 

 

ヒットルアーは I×I SHAD タイプR です。

 

 

このルアーはシャッドプラグのカテゴリーですが、個人的にはクランクとシャッドの中間という位置づけで使っています。

基本的にはシャッドプラグですが、ただ巻きオンリーで使っています。

 

 

クランクではちょっとアクション強いなと思う状況やベイトが小さい時に使ってみて下さい。LBOの恩恵でかなり飛距離も出るし根掛かりもしにくく、早巻きにも対応しているのでオススメです。また明滅で魚にアピールしたい時はフラップスラップLBOも春にオススメのルアーになっています。

 

この春メガバスルアーのクランキングでデカバスを捕獲してみてくださいませ。

それでは、みなさんイイ釣りを!!