春に向けて | メガバスブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

メガバスブログ

メガバスブログ

皆さんこんにちは!

三重のあつしです!

 

先日いつものリザーバーではなく久しぶりに気分転換に野池へ行ってまいりました。

 

暖冬と言われた今シーズンの冬、先読みで春を意識した魚を追い求めバイブレーションやウオズスイマーを軸に早いテンポでサーチしましたが、なかなか反応を得られず。。。

 

ふと思いついたのは、究極の食わせのトーナメントクローラー3.5inchのDS!

暖かい日に稚ギルが浮いてくるシャロー周辺のブレイクを狙ってみると!?

 

サイズはそこまで大きくなかったですが、貴重な1本に巡り会えました!

 

山出篤

 

 

早いテンポでは反応がない時に、スローダウンでの食わせも重要になります。

 

また春を意識してシャローに上がってきたばかりのバスは反応が非常にシビアとなりますので、トーナメントクローラー3.5inchのDSやトーナメントクローラー4.5inchのネコリグなどの究極のフィネスが有効な場面が多々出てきますので、準備をしといてもらえたらなと思います(^^)

 

 

 

ただ、冬らしい冬ではなかったこともあり魚自体も中途半端な感じなのか?

今シーズンの春の始まりは早いと思います。

僕が良く通っている高山ダムや津風呂湖も水温が8〜9度台と例年なら3月頭くらいの水温で2月も終わろうとしています。

そして春先は究極のフィネスとは反対のリアクションの釣りも忘れてはならないところ!

そんな状況で自信を持ってオススメできるのがワンテンシリーズ

 

オリジナルのワンテンやレンジを細かく刻めるワンテンRシリーズ

 

 

細かいレンジコントロールと激しすぎない軽めのジャーク+2〜3秒ほどのポーズを意識して使用して貰えると答えは帰ってきてくれるはずです。

 

山出篤

 

 

また狙い目はリザーバーなら上流域。

 

水深の浅くなる上流域は、水温も暖まりやすく春を意識した魚も多く集まりだします。

その中でも岩盤に絡むレイダウンや、水中に沈んだブッシュなど、シャローに上がりたい、または上がりたての個体は何かに寄り添ってることが多いので、意図的にストラクチャーに絡めるのが釣果UPにも繋がります!

 

僕自身も春に乗り遅れないようにキッチリと準備してフィールドへ通い込んでいきます。