2019 W.B.S.プロクラシックトーナメント | メガバスブログ

メガバスブログ

メガバスブログ

皆さんこんにちは!

更新が遅くなり申し訳ございません。

 

11月2~3日にW.B.S.プロクラシックトーナメントに参戦してきました。

このトーナメントは、年間上位10名とW.B.S.オープン戦の上位2名、そして前年度クラシックチャンピオンの計13名で競われます。今年は台風の影響でオープン戦が中止となり、今年は11名での開催となりました。

プリプラクティスは、台風の影響で急激に増水しましたが、クラシック開催迄にはほぼ平水に戻ることを想定して行いました。

 

 

クラシック結果は初日2本1580g、二日目3本1815gの合計5本3395gで11名中5位でした。今回のクラシック優勝者は二日間で霞ヶ浦西浦エリアから10本フルリミットを達成し、合計10535gという破壊的なウエイトを叩き出しました。

 

この時期は水温が徐々に低下してきていてワカサギが活発に動き回り、それらを捕食しているバスもこれから迎える冬に向けて活発にルアーを追う感じが取れました。

V9  3/8oz.のスピナーベイトやI×I SHADなどの巻物系に反応が良くありました。しかし毎週末に行われる各トーナメントでのフィッシングプレッシャーで徐々に巻物への反応が悪くなり、巻物では初日にV9  3/8oz.のパールシャッドで獲った1本だけでした。

 

クラシック前日までに水位はほぼ平常近くまで戻り、初日は朝一のプレッシャーの低い時間帯だけ巻物への反応がありましたが、その後は二日目を含め巻物への反応はなく。

そのフィッシングプレッシャーとベイトの動きと減水からの影響で、少し沖目の沈み物へバスがシフトしている感じが取れました。それらのバスはストレートワームの1/64ozのネコリグと1/20ozのジグヘッドワッキーリグのスローな動きに反応し、バイトがあるもののなかなかルアーを食い込まず、すっぽ抜けるといった感じでかなり苦戦しました。

 

 

 

二日間共にリミットを揃えられず悔しいですが、なんとか数匹のバスの顔が見られたのが幸いでした。

 

これでやっと長かったトーナメントシーズンが終了し、今年共に戦ってくれたタックルやボート関係、その他の備品の整備や点検を行い、来シーズンに向けて備えたいと思います。

 

W.B.S.長岡正孝

 

 

〈タックル1〉

ロッド:DESTROYER  F3-610X 飛燕

ライン:FLUORO 10lb

ルアー:I×I SHAD TYPE-R (GALAXY GORI他)

 

〈タックル2〉

ロッド:DESTROYER  F2-60X CRIFFHANGER

ライン:FLUORO 10lb

ルアー:ストレート系ワーム(ネコリグ1/64oz. & ジグヘッドワッキーリグ1/20oz.)

 

〈タックル3〉

ロッド:OROCHI XXX  F4-610K BLACK ELSEILⅡ

ライン:FLUORO 14lb

ルアー:V9  3/8oz.(PEARL SHAD)