熱くなるシャローゲーム | メガバスブログ

メガバスブログ

メガバスブログ

皆さんこんにちは!

三重のあつしです!

 

中々冷え込みもきつくなり、いよいよ冬がやってきますね。

それでも釣果熱く!!

 

自分のメインフィールドの高山ダムは11月半ばで上流域13度、下流域で15度くらい。

 

ディープを触れば、サイズ問わず数は釣れていますが、これからの時期、自分は痺れる1本を狙っていきます。

毎年、メガバスブログでも更新していますが、狙いは「シャローカバー」

 

晩秋〜初冬はまだまだ固まらずに散っていますが、メインチャンネルの冷たい水や流れを嫌がってデカい個体はシャローに差してきます。

 

この日、良かったのは中流域・ワンド内のゴミ溜まり。

 

午前中は不発でしたが、日が上がったタイミングで、水温の上昇と共にバスも差してきた感じでシャローのゴミ溜まりにレイダウンなどが複合したポイントで浮いていた感じ。

 

 

またワンド入り口にベイトが溜まっていたのも1つのキーだったと思います。

 

使用したリグは、ボトルシュリンプ 4inch+1/2ozのビフテキリグ。

ロッドはDESTROYER F6-67X

 

狙いとしては、ゴミ溜まり内で浮いてるバスをフォールで追わせて喰わすってイメージです。

 

大体バイトはファーストフォール中か着底直後。

またキモとなる部分は完全にフリーフォールさせることが重要です。

 

ボトルシュリンプ 4inchのフォール中の微波動や着底直後のアームの倒れ込むアクションなどがこの狙い方にベストマッチしています。

 

そして、ロッドは文句無しの高感度とパワーを誇るDESTROYER F6-67Xが鉄板ですね^_^

 

寒さもキツくなってきますが、皆様も中毒性の高い冬場のシャローゲームを体感してみて下さいね。

 

 

■ タックルデータ

ロッド:DESTROYER F6-67X

ライン:フロロ 20lb.

ルアー:ボトルシュリンプ 4inch(1/2oz.ビフテキ)