秋の河口湖カバー撃ち!!~サバイバルジグのすり抜け性能を活かす~ | メガバスブログ

メガバスブログ

メガバスブログ


テーマ:

めっきりと朝夕涼しくなったと思ったら、昼間はまだまだ半袖で過ごせるような気候。

 

 

台風の影響で週末釣りに行く予定がなくなってしまった…なんて方も多いのではないでしょうか?

 

そんな台風の影響でここしばらく増水傾向な河口湖。

実際に行って目で確かめてみると、増水により冠水ブッシュがいたる所に存在しています。

その冠水ブッシュにベイトが差していると、カバー撃ちが活きてくる条件が揃っていました。

 

そんな状況下で活躍してくれたのが、『サバイバルジグ』です。

 

 

 

【大好きなスタイルの1つ“ラバージグ”】

自分が1年で最も多様するジャンルの1つがラバージグ。

今まで数々の魚達に出会ってきました。

ラバージグ1つで、点と線の釣りをすることができるので初場所なんかはジグ1つで手軽に釣り歩くことも多いです。

 

 

【サバイバルジグ】

自分が使用するラバージグは、撃ちに特化したアーキーヘッド型。

 

オカッパリではカバー撃ちすることが多いので、根掛り回避に特化したラバージグが必須アイテムです。

その中でもサバイバルジグは、カバーのすり抜け力に特化したヘッド形状です。

 

 

河口湖の冠水ブッシュは狭い隙間に入れ込むことが多いので、『カバーに滑り込ませボトムまで落とし込む』といった基本動作がしやすいジグです。

 

【ラバージグに使用するトレーラー】

河口湖はルールによりワームの使用が禁止されているため、ポークルアーの使用に限定されます。

しかし、それ以外の場面ではボトルシュリンプ 4inchが自分の主軸トレーラー。

 

 

倒れこみアクションでバイトを誘発してくれる、発売以来釣果が全く衰えないトレーラーです。

 

 

 

【自身初の河口湖 50up!!

河口湖に対する苦手意識克服のために、今年は例年に比べ通う機会を多くしているフィールド。

元々難しいイメージの強いフィールドですが、その通りなかなか結果が伴わず苦戦していました。泣

簡単に釣れないけど、考えることがいっぱいで面白いです。

そんな中、今回は増水チャンスを活かして、カバー撃ちついにビッグバスを手にすることができました!

 

 

ベイトが冠水ブッシュに絡んでいるスポットを足で探して撃っていきました。

 

 

河口湖のビックバスは難しい分格別でした!

 

 

この1本を皮切りに少しでも河口湖克服のため、チャレンジしていきたいと思います!!

 

 

 

◆タックルデータ◆

ROD:OROCHI XXX  F6-68K "COVER HACKING"

LURE:SURVIVAL JIG 1/4oz.(+ポークルアー)

LINE:フロロカーボン 16lb.

 

メガバスブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス