にっぽんの病院から・・・患者が見た医療施設のデザイン | 3Dマイホームデザイナーんとこの社長ブログ

3Dマイホームデザイナーんとこの社長ブログ

住宅デザインソフトを開発、販売している会社社長の日々徒然。

3D医療施設デザイナーのサテライトサイト「にっぽんの病院」のコラム。

 


1.病室とサイン計画
【執筆者紹介】
岩崎義弘氏
株式会社PPnR 代表取締役

はじめまして。株式会社PPnRの岩崎義弘です。2017年に腎臓を患い、患者歴3年のデザイナーです。
職業柄、モノゴトに課題を見つけて改善案を考える習性があり、このたびご縁あって医療施設を利用していて気づいたことを述べさせていただくことになりました。
全3回、患者目線・デザイナー目線で医療施設などの課題と、こうなれば良いなを考えたいと思います。

病室のデザイン
一般的な病院、病室のイメージを聞かれると、多くの方は「白」と答えるのではないでしょうか? 全体的に白っぽく、出入り口やベッド、家具なども画一的で、カーテンで仕切られただけのベッドはプライベートなどほとんどない、そう遠くない、一般的な病院の印象です。 病院という特性上、搬入する医療機器の数が多く、大きさなども規格統一されていること、防災上の観点から難燃性のものを導入しなければいけない、などの理由からこうなっています。

 

~中略~

 

とにかく目に入るところに大きくサインや色を入れてみるだけでも、病室の間違いは減ると思います。

 

続きは以下のページでご覧ください!

https://nippon-no-byoin.com/column/05_kanjamesen-1.html