わたしにピッタリな記事を

見つけてしまったw

 

 
ことごとくネガティブな記事を
今日も飽きずに書いていきますー!
 
 
 
やってしまったー!
 
とか、
 
失言したー!
 
とか、
 
そういう時。
 
 
 
ずーーーーーっとそのことで
 
 
ずーーーーーっと悩み続ける。
 
 
学生の頃からそうなんやけど、
 
 
メールの返事がこなくなったら
 
 
「え、わたしなんか失言した?」
「さっきの言葉、失礼だった?」
 
 
とかすっごく悩むタイプ。
 
 
 
なんであんなこと言ってしまったんやろ?
 
って原因追求するのが私の癖という趣味。
 
 
 
かくいうわたしは、
LINEの返事は結構ルーズな方。
 
 
 
ほんとダメなやつだ。
 
 
 
そんで今日も、
ある人に言ったことが
 
ことごとくスルーされて
 
それについて、
やっぱ自分の言ったことが
あかんかったとか思って。
 
あー人生オワタ!
 
みたいな気持ちにもなり。
 
 
この行き場のない気持ちを
ネット検索に時間を当てて
 
 
他にもやるべきことがあるのに
かなりの時間を浪費。
 
 
浪費にたっぷり時間をつかって
調べてたどり着いたのが
 
 
 
 
っていう記事。
 
 
回答が以下の通りです。
 

 

<自分の嫌なところに気付いてしまった瞬間>

 

どんなにいい人でも、時には自分の都合で人を利用してしまったり、自分を良く見せるためにずるい行動を取ってしまうことがあります。

そうした自分の性格や言動・行動を自分自身が認めて受け入れることができれば良いのですが、誰もがそのようにできるわけではありません。

自分に対して自信がない人は、こうした自分の性格や言動・行動を目の当りにした時に「自分が嫌になる」と感じてしまいます。

特に、日頃から自己中心的な考えで行動することに批判的な人は、後ろめたさから自分が嫌になってしまいます。

こうしたタイプの人に多いのが、「理想が高い人」です。

理想が高い人というのは、常に完璧な自分でいたいと思いがちです。

自分はいつも他人のために行動し、そうした性格が他人から評価されている考える人は、その理想の姿から外れた行動を取った自分のことが受け入れられません。

このような理想と現実のギャップから、自分のこと嫌になってしまうのです。

 

 

 

びっくりするくらい、私そのもので

きもちわるかった。

 

 

理想が高い?完璧主義???

 

 

抜け出したと思ってたけど

 

 

そういう性格なんやと受け入れて

うまく付き合っていかないかんのやろなぁ。

 

 

あーもう自分の性格がヤダヤダヤダ。

 

 

という繰り返しの作業を

今まで何回やってきたのだろう。

 

 

もう趣味として受け入れるしかない!

 

 

悪趣味ーーー!!!

 

 

わたしみたいな悪趣味の人、おらん笑い泣き

 

 

自分のキモさに耐えきれずにブログ書いたら

ちょっとスッキリした!

 

 

はああああああ

 

 

スッキリした!(無理やり)

 

 

 

なんかこんなネガネガブログ

読む人居らんなるんやないやろうか?

 

 

と思いつつも

飽きずに書き続けますわ!!

 

 

わたしみたいな人

居らんかもしれんけど、

 

 

あー!仲間、いた!

 

みたいな人が居てくれたらいいなぁと

 

期待をこめて

 

飽きずにネガネガブログを今日も書きました。

 

 

いつもお付き合いくださり

ありがとうございます!!!!

 

 

 

おやすみーーーーーーーー!!!!