私的喫煙日記

      私の日々のパイプ喫煙を記録しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
      


テーマ:
 

久々にラタキアもの。

柘のカタログには載っていないから、日本では売っていないのだろう。

しかし、何とかならんのかなこの絵は(笑)。誰が描いてるのかな?知り合いの子供にでも描かせているんだろうか?

「なかなか味があって良い絵じゃないか」などと思う人もいるかも知れないが、私としてはもうちょっとどうにかならないものなのだろうか、と思ってしまう。金なんて一切要らないから描いてあげたい。

ロゴもレイアウトも可成りイイ加減な感じだ。フタをするとビューティー(?)の頭が切れてしまうというイイ加減さだ。

 

 

缶の裏側には次のように書かれている。

"Every component in this beautiful Balkan Blend was aged in cakes for a long time, then cut and spun out before aging with the other tobaccos in ribbon form to meld.

McClelland's exclusive double-aging process makes this super rich English-style pipe tobacco unique in the world of blending."

「この美しいバルカン・ブレンドを構成しているあらゆるものは、長い時間ケーキとして熟成し、それから他の煙草とともに熟成する前に、混ぜるためにリボン形に切って紡ぎ出しています。

マクレーランド独自のダブル熟成プロセスによって、ブレンディング界随一の、この超リッチな英国風パイプ煙草が生み出されるのです。」

(注:北大路流山珍による相当イイ加減な意訳)

 

何か判りにくい英語だが、要するに二回熟成しているらしい。Every componentが、aged in cakesなのだとしたら、the other tobaccosはどのタイミングでmeldされているのだろうか?よくわからないが、とにかく何だかウマそうだ。

 

 

それではパッ缶。

ウーン、期待を裏切らないマクレ臭。ティン・ノートはフロッグ・モートンに近い。葉組みはフロッグ・モートンのようなボロボロした感じではなく、わりとしっかりとしている。

フロッグ・モートンは手がベトベトになるのもあり、あまり揉みほぐさずに詰めているが、これもそれほどほぐさないで詰められそうだ。

 

 

使用するパイプは、メシャムのチャーチワーデン。マウスピースの掃除が面倒なのでたまにしか使わないが、マクレのラタキアとは相性が良いパイプである。

ふんわりと詰めて、早速着火。

 

 

なるほどなるほど。確かに深い。二段熟カレーならぬ二段熟マクレーという感じだ。

味音痴なのであまり精緻なテイスティングは出来ない(笑)が、吸ってみるとフロッグ・モートンというよりもローズ・オブ・ラタキアに近い感じだ。

ただし奥行きはずっと深く、単調ではない。軽さやスムーズさはフロッグ・モートンに近いが、着香っぽさは弱く、ラタキアも少し深めで、オリエントやヴァージニアとのハーモニーも複雑で、ちょっと硬質なブレンドである。

 

中身を味わってみると重ね重ね残念なのは缶のデザインだ。

この魅惑の美人(ビューティー)が、こんなテキトーなんで良い筈がない。

 

via Still Life with Meerschaum
Your own website,
Ameba Ownd

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

RCM(リバース・キャラバッシュ・メシャム)ブレイクインから3ヶ月経過後の姿である。

 

2ヶ月後の写真と比較してもらえば判るが、全体の印象としてはほぼ変化なしというところである。

ただし、肉眼ではボウル部分がかなり変化している。真っ白な紙と比較すると判るが、全体にベージュ色になっていて、特に後ろ側が濃い。

 

ボウルとシャンクとの継ぎ目付近、くびれの部分も滑らかなグラデーションで色が着き出している。ここが今後の変化のポイントとなるだろう。

 

 

シャンク部分の豹柄模様は更に立体的に浮き出して来た。メシャムの繊維構造が良く見える。未だにスポットの色抜けは発生していない。

 

 

至近距離で見ると実に不思議な模様をしている。

 

 

ボウルトップのシルバーは、写真では良く判らないかも知れないが、側面が青く黒ずんできた。そろそろ金属磨き剤の出番か?

 

 

この3ヶ月で、写真では確認できないが、小さなキズは無数に出来てしまった。作ったコアさんに大変申し訳無い。

かなり慎重に扱って来たつもりなのだが、メシャムというのは本当に知らないうちにキズが出来ているものだ。

 

これからの変化は本当に緩慢になると予想される為、次の報告は半年後、6ヶ月経過の11月頃にする予定。

 

via Still Life with Meerschaum
Your own website,
Ameba Ownd

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明日は関東パイプオフだが、仕事が終わりそうもなくて、行けないかも知れない。

こんな日記なぞ書かずに、さっさと仕事を終わらせれば、行けるかも知れない。しかし現実には私はこの日記を書いているのである。

 

ご存知の読者の方もいらっしゃるかも知れないが、6月から2ヶ月、計5回配信したライブ番組「パイプの部屋から」を一旦休止し、考え直す事にした。過去の配信動画はYoutubeにある

 

一番多い時で視聴者は17人。高視聴率を誇る人気番組だったわけだが(笑)、惜しまれつつも一旦休止する事になった。事になったというよりも私がそういう事にしただけなのだが。

取り敢えず、「パイプの部屋から」という名前の番組は29日の配信で終わり。番組名も改めて考え直し、また新番組を再開するつもりではある。

 

では、何故今回、一旦仕切り直そうと思ったかと言うと、いくつかの理由がある。

 

1.毎週土曜日などと無謀な事をやってしまったが、実際には隔週でもストレスが溜まる。

 

2.企画が甘すぎて何をやっているのかさっぱりわからないし、ダラダラゆるすぎて情けなくなる。

 

3.パイプや煙草の話だけじゃなく、もっと色々な話がしたい。

 

4.番組内での画像や発言について秘匿性の高い情報などを管理できない。

 

5.一人暮らしではないので、家の中で配信していると、止むを得ず家族の干渉がある。

 

などなど。

1.については、月に一回が良い感じかな?と考えている。また、決まった曜日や決まった日付けはどうしても難しい。予定は未定でやりたい。

2.は深刻な問題である。そもそも素人が番組っぽく作っているお遊びなので、付き合わされる方はたまったものではないが、鋭意努力し、進化して行く事に期待したい。

3.これはもう私の個人的なワガママである。観て来た映画が非常に面白くて、紹介したいなー、とか、今読んでいる本が凄いので、凄さを話したいなー、とか。2.の問題と背反する問題である。

4.これはもう自由にやりたい。あまり「言っても良いかダメか」を意識していると萎縮してしまい面白くない。批判、非難、何でも来いでやりたいし、そういう姿勢の人と組む事にしたい。

5.家族の理解を得るのは実際非常に難しい。狭い家なので、他の部屋の音は当然聞こえる。私の部屋は特別な防音装置など無いし、生活騒音はそのまま配信されて致し方ない。

 

まあ、このような事を踏まえて、色々と考え、いつになるかわからないが、またライブ番組をやってみたいと思う。

今回、こういう配信が可能だというテストができただけでも、収穫だったと思っている。

 

読者の皆様にも何か面白い企画やアイデアがあれば、どうぞご提案いただきたい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

吸ったことの無い煙草はまだまだ沢山あって、片っ端から試してみてはキリがなく、かといって他人の助言は好みの問題だからあまり参考にならない。

このハイドパークも、ただ何となく買ってみた。着香だと思って買ってみたらヴァージニアだったという事は私の場合頻繁にあるのだが、これもその1つ。

 

キャベンディッシュは一切使われていない。そう知っていたら買ったかどうか微妙だが、結果としては嫌いな煙草ではなかった。

 

 

プレスした葉を千切りにした所謂フレークカットで、色は全体的に白いというか浅い。

ティンノートは、謳っている通り、仄んのりとメープルシロップとラム酒の香り。確かに着香煙草。

じっくり時間をかけて充分に揉みほぐし、シャグみたいに細かくして詰める。

 

着火してみると、メープルもラムも殆どわからない。ヴァージニアの石鹸臭。ただし、ニコチンは強くなく酔いはしない。しかしながらヴァージニアのヤニっぽさは喉まで来る。

ジュースも出やすい煙草だ。これを味わう時は連投は絶対に禁物。綺麗に掃除してカラッカラに乾燥させたパイプを使わないと、本来の旨さよりもヤニっぽさが勝ってしまう。

 

私はヴァージニアの時はヴァージニア独特の吸い方をしていて、煙を口腔内の奥まで入れず、舌の中ほどまでで止めている。

火が消えそうになるとよく口腔内を喉の方まで広げて強くドローするが、それもヴァージニアの時は控えている。喉が痛くなるからである。

 

その吸い方に切り替えてみると、ヴァージニアだと分かっていて吸うと、存外に着香系らしい華やかな香りだ。ほんの少しだけ煙を鼻孔に通してやると、香ばしいナッツ臭がする。

なかなか気に入った。火持ちも良く、灰も綺麗だ。

 

結論としては買って失敗ではなかった。

オフ会でデイヴィッドさんから貰ったアイリッシュ・フレイクが、私には強すぎて、まだ殆ど減っていないので、これに少しづつブレンドして消化しよう。

おんなじピーターソンだし。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

加湿の為にずっとオアズケになっていたローズ・バドを吸ってみた。

 

 

元々、いつ買っても乾き気味の煙草だったが、さすがに完全にカラカラだったので、軽石に水を含ませてパウチに放り込み、パウチごとタッパーに入れて1週間ほど放置した。

適度な湿り気になっている。

 

さて、8年ぶりの喫煙。

 

フーム。

幸いな事に薔薇の香りもキャベンディッシュの甘味もほとんど飛んでいない。ニコチン濃度はそもそもかなり軽い煙草なので、最初からこんなものだったのだろう。

成る程こんな香りだったか、と記憶が蘇って来た。

 

廃版になってしまったとは、確かに惜しい煙草だ。この独特な風味を、私は他のどんな煙草でも味わった事がない。薔薇の花弁を吸うと身体に毒という事にでもなったのだろうか?結構常喫している人も多かった筈だが、他にも色々いらない煙草がある筈じゃないか!と思うのは私だけだろうか?

 

タバコ・レビューのテイスティングを見ると、さんざんである。これは有名なサイトなので煙草屋が仕入れの基準にしているのだとしたら、とんでもない罪な事だ。

どうか、タバコ・レビューに投稿している僅かな人達だけが、オーソリティーだと思わないで貰いたい。

 

 

届いたばかりの時は、乾燥していてパラパラの黒い葉屑にしか見えなかったが、湿度を与えて葉が開いてくると、見事なカントリーカットが蘇った。

ご覧のように、確かに薔薇の花びららしき赤い物が混じっている。

 

「田舎切り」と訳したら良いのか疑問だが、かなり大まかなざく切りで、シャグ用のグラインダーで細かくしてやると燃焼具合も良くなる。

 

まあ何にせよ、この1パウチを吸い終わったら、まず手に入らないだろう煙草である。

大切に少しづつ吸うようにしよう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

以前このブログで、新発売したラットレーのアロマティック・コレクションを、6種類全部制覇するような事を約束してしまったので、少しづつでも駒を進めておこうと思う。

前回のタワーブリッジに続いて、今回吸ってみたのは、バッキンガム。何だかこのシリーズはロンドン観光巡りみたいな名前が付いているが、中身とは全然関係が無い気がする(笑)。

 

「加香たばこ。ヒッコリーナッツにバーボンバニラとシナモン。素材はバージニア、バーレー、ブラックキャベンディッシュ。甘さの中にシナモンの爽やかさがあり、常喫できるタイプのたばこ。」

~柘のカタログより

 

 

結論から言おう。

私はこのタバコ、大変気に入った。100グラム缶を買ってしまってどうしようと思っていたが、大正解だった。何度でも吸いたい。何度でも買いたい。恐らく、飽きも来ない。

 

なぜこうもどストライクな感想なのかと言うと、上品だからだ。ラットレーの着香の特徴なのかも知れない。ベタベタの着香という感じが無く、かといって微着香なわけでもない。

しかしその中間でもない。正確に表現するなら、葉の持ち味を活かしたまま着香していて、何層にも味わいに奥行きがあり、奇をてらっているようでいて、基本を守っているからだ。

実に品が言い。マクバレンのハルバーグシリーズよりも高い煙草を吸っているような満足感がある。

 

以前書いたタワーブリッジもそうだった。あちらはフルーツ系。このバッキンガムはバニラ系というだけで、灰になる過程の燃焼具合から見ても、ほぼ使っている葉は同じだと思われる。

トップノートは勿論バニラだが、少しするとナッツのクリーミーな感触が広がってくる。中間ぐらいから先、吸い終わりまでは鼻孔の奥をシナモンが支配する時間差攻撃。

 

1ボウル吸うとまた1ボウル吸いたくなる。珍しく後を引く。かといって決して軽過ぎるわけではない。

久々にお気に入りの煙草を見つけたという感じだ。

着香もの、特にバニラ系が好きな人には強くお薦めする。

 

あとの4つもなかなか楽しみだ。

 

・タワー・ブリッジ

・ロイヤル・アルバート

・ウェストミンスター・アビー

・ユニオン・ジャック

・バッキンガム

・ロンドン・アイ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

缶の絵に惹かれて、何の予備知識も無く買ってしまった煙草である。

 

 

バーレー主体の土臭い着香煙草だ。煙草らしい煙草という印象である。

もっとも、煙草らしいという印象は甚だ個人差のある感想で、喫茶店などで喫んでいても関心を引かない香りと言ったほうがわかりやすいかも知れない。

ナッツ系の仄かな甘味とペリックの酸味がある。バーレーキックはさほど強くないが、しっかりとした重みがある。オトナな煙草という感じだ。

いつもどおりRCMで吸ったが、本当ならこれは、使い古した汚いコーンパイプとか、黒々と曇ってグレインもはっきりしなくなったブライヤーとかで吸うと、雰囲気が出る煙草だ。

缶のデザインと中身の煙草は、往々にしてかなり印象が乖離している場合があるが、この煙草については、このデザインはこの煙草を巧く表現しているように思う。

それにしてもこの缶のデザイン、格好良くないか?

パッケージ・デザインというのは重要だ。

 

via Still Life with Meerschaum
Your own website,
Ameba Ownd

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

入手経路は極秘ルートだが、とうに日本での販売が終了しているパイプ煙草2品を友人のお陰で手に入れる事に成功した。

 

 

2品とも私が販売終了を惜しんだ銘柄である。ご存じの方も多いと思う。1つはフォン・アイケンのローズバド。薔薇の花弁入りという珍しいドイツの煙草で、何ともヨーロッパらしいブラキャベの甘い着香系である。

 

もう1つはサビネリのアルモニア。アンモニアと間違えて言った人が居たが、そんな煙草、絶対に吸いたくない(笑)。ハーモニー(調和)という意味のイタリア語だ。イタリア語なので正確にはアルモニーアと伸ばす(笑)。マンマ・ミーアと言う感じのイントネーションで(笑)。

 

ローズバドは2011年、アルモニアは2010年に日本での販売が終了している。

アルモニアは数回しか買った事がなかったが、ローズバドはお気に入りと言って良いほど良く買っていた。単調なブラキャベではなく、花壇で風に乗って嗅ぐような薔薇の香りがほんのりとする。ご覧のように何故かラベルには睡蓮が描かれている。

 

ローズバドと聞いて想起するのは、「市民ケーン」というオーソン・ウェルズ主演の古いモノクロ映画である。大富豪が臨終に際して「Rose Bud(薔薇の蕾)」という謎の言葉を残す。マスコミは彼の生涯を振り返り、この言葉の意味を探ろうとするのだが、結局ラストまでわからない。映画を最後まで見た人には判るのだが、世間は誰も気が付かない。

 

確かにこの煙草には、個人の人生の記憶となるような、深い味わいがある。ファンの多い煙草だと聞いていたので、販売終了は寝耳に水だった。予め失くなると知っていたなら、買い貯めしておいたのだが、ある日突然、煙草屋からもう入荷しないと聞かされてショックを受け、今一度だけどうしても吸いたくなり、ストックしているスモーカーを探したものだったが、私の周りには誰も居なかった。

 

このブログを遡ってみたところ、2009年7月にローズバド喫煙の記録がある。これが最後ならば、実に8年ぶりに味わう事になるのだ。

アルモニアの方は、最早どんな風味だったか、まるで記憶にない。

2つとも、土曜日にライブ配信で開封してみようと思っている。あまりにも乾燥していた場合には、加湿が必要なのでその場では吸えないが、遜色無い程度に湿っていれば、その場で8年ぶりの一服を味わおうという計画だ。

 

気に入っていたが販売終了してしまった煙草というのが幾つかあって、不思議とその多くがドイツの着香煙草なのだ。

先ず、フォン・アイケンのプライベートクラブ。そしてスプリング・ウォーター。それからダン・タバコのザ・シーズンズ(特にウィンタータイムが好きだった)。他にも色々。

 

ある人のブログで、「吸えば減るタバコには、常に買えなければ価値は無い」という言葉が目についた。確かにその通りなのだ。どんなに気に入った銘柄でも、二度と味わえないと思うと、好きになる事が怖い。しかし逆もまた言える。一期一会だからこその、価値ある味わいとも言える。ヴィンテージのワインの様なモノだ。とっておきのひと時の為の、とっておきの~。

 

何だかお歳暮とかの安っぽいコピーみたいになってしまった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブレイクインから、約2ヶ月が経過した。
 
 

シャンク部分は物凄く強く色付いて来た。

ボウル部はまだまだ白い印象だが、肉眼で見ると写真に写っているよりかなり黄色い。

 

 

豹柄のようなまだら模様は、繊維の層がかなり立体的に浮き出てきて、奥深くから色が染み出して来ているかのように見える。ボウルの底部からシャンクにかけて、くびれの後ろは灰色がかった影のような着色で、あまり鮮やかではない。

 

 

ボウルとシャンクとの境や、くびれの部分は、くっきり区分されて色が変化して来ている。

 

 

やはりこの部分が乖離しているのは、スモークチャンバーの境となっている為か?

 

 

さて、そろそろ変化が乏しい時期に突入するようである。次はまた1ヶ月後、8月に入ってからの報告となる予定。

 

via Still Life with Meerschaum
Your own website,
Ameba Ownd

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日7月2日(日)は年に一度の大煙会

待ちに待ったという程ではないけれど、パイプスモーカーの私にとっては、新しい刺激の場所として、仲間との交流の場所として、毎年楽しみにしている祭典である。

講習会に試喫に、そしてオークション。

このオークションが私としては毎年大いに楽しみなのである。オークショニアのもんぺ氏とは関東パイプオフ会に初めて参加しお会いしてから早8年越しのお付き合いになるが、彼の進行が実に軽妙で気持ちが良い。

ここ数年はオークションに参加するよりも彼のMCが楽しくて、毎年ずっとスマホを掲げ、動画におさめてしまうほどのファンである。

私にとってはオークションそのものが楽しみであって、出品された品々が特別に欲しいと思う品物である事は、あまり無い。

それでも、出品されたパイプがブルドッグだった場合、未だに一瞬「ピクッ」としてしまう(笑)。今回出品されていたブルドッグは2本、ダンヒルの新しいヤツと、今は亡き「ぱいぷ堂」のハウスパイプ。

ぱいぷ堂、ご存知だろうか? 10年ほど前に閉店してしまった兵庫県のパイプ専門店である。リー・フォン・エリックなんかを日本に紹介したお店と言っても過言じゃないだろう。エポックメイキングなお店だった。そのぱいぷ堂のハウスパイプ第一弾が「ブルドッグ」。

当時の価格は1万円弱の売値だったと思う。ベテラン・スモーカーも呻る程、その喫味が素晴らしいという評判で、今や幻の、伝説の、パイプなわけである。

オークション終盤でこのブルドッグ2本がかけられた。ダンヒルはまあ、新しいとはいえダンヒルですから、入札は吊り上がって1万円超えは順当(みんなダンヒルホント好きだよねぇ~)。ちょっと調子がついたらユーズドでも青天井の可能性がある。実際、周りの反応で値踏みした結果、高い買い物をする場合もありうる。落札は自己責任だし、入札者が価値を決めるものだ。「ああ、あれをそんなに高く買うのか」と内心思っていたとしても決してそんな事は言ってはならない。暗黙のご法度だ。それに一般の人からすれば、そもそも煙草を詰めて吸うだけの木の塊である。高いも安いも無い。

さて、この「ぱいぷ堂」ブルの番が来て、開始値は2千5百円。思わず「3千円!」と声を出してしまった私。最初に言ったが、どうしても欲しかったわけではない。絶対に落札出来ない価格だと思っていたからである。逆を言えば3千円で落札できたら奇跡だとすら感じていた。販売当時でさえ1万円はする。ましてやもう何処を探してもこんな新品同様のコンディションでは売っていない代物だ。このパイプは旨いので結構なコレクターが使い倒してしまうのだ。これよりもかなり汚いカーボンだらけの物を、以前ネットオークションで見た。チェックをしていたら、結局100ドル超えで落札されていた。

ところがである! 私の3千円の後が続かない!!(笑)

えっ??? ってなった。

ヤヴァイ! 落札してしまったら女房に叱られるっ!!(笑)

皆、知らないだけなのか、ハイグレーダーを気取っているのか、オークション終盤だから、買う人は皆、資金を使い果たしてしまったのか、この魅力的なブルドッグが3千円だと???

 

 

と、、、いうわけで、今手元にある。

勿論、女房には内緒だ。彼女は常識的な経済観念の持ち主なので、たかだか3千円とは考えてくれないのだ。何年も同じTシャツを着ていて、ユニクロでシャツ一枚買おうとしない私を責めるだろう。「3千円使うなら、パイプよりも服(生活必需品)を買え!」と。

しかし、いつかはバレるだろう。この日記を見るかも知れない。その時の為に色々とここに言い訳けを書いておこう。

これは単なるファクトリーパイプでは断じてない! シェイプは決まっているが、レッキとしたハンドメイドパイプなのだ。

何と言っても作家はあの「ラスムッセン」だ。、、た、確かにポール・ラスムッセンではないが、ラスムッセンラスムッセンだ。ヴァレンチノにも色々あるだろう。それと同じだ。聞いた事あるだろうラスムッセン。まあ、聞いたことのある方のラスムッセンじゃないけど、、、。

頂点より下方に引かれたこの二筋の溝の美しさよ。このシェイプはこの作家のシグネチャーともなっている完成されたフォルムなのだ。

それに、それにだな、、、

 

何と、マウスピースはエボナイトじゃなくてアクリルなんだぞ。

 

via Still Life with Meerschaum
Your own website,
Ameba Ownd

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。