6月の梅雨時期雨には、知らず知らずのうちに

心の元気を奪われることがあります。




日光の刺激が少なくなることによって、

体内時計をつかさどるメラトニンの

バランスが崩れるため、

やる気がでなくなったりしょぼん

気持ちがふさぐショック!ことがあるようです。




みなさんも太陽が出ていないと、

何となく元気がでない…という経験

ありませんかはてなマーク




メラトニンは身体もココロもリラックスさせる効果があり、

星空良い睡眠ぐぅぐぅの元とも言われています。




メラトニンはトリプトファンから作られます。

トリプトファンは心の元気を左右する

セロトニンの原料でもあります。




メラトニンは

卵、赤身の魚、豚や鳥レバー、

ごま、チーズ、牛乳、納豆、バナナなど

いかにも元気になりそうな

ヒヨコパワフルな食品ブタに含まれています。




メラトニンには睡眠効果のほか

がん細胞を減らしたり、

抗酸化作用により老化を防いだり、

免疫力を高めたり、

ストレスを緩和したり、

大活躍ラブラブ!の物質です。




コレステロールも下げるので、

ダイエット音譜にも効果的です。




元気なメラトニン食品を

バランスよく食べて

ココロもからだもリラックスニコニコ




天気はジメジメでも

カラッと楽しくいきましょうグッド!




あらためて…

太陽のパワーってすごいと思います。


晴れ太陽に感謝!晴れですね。