25日、京都競馬場で行われた葵S(3歳・重賞・芝1200m)は、

4番手でレースを進めた藤岡佑介騎手騎乗の1番人気

ディアンドル(牝3、栗東・奥村豊厩舎)が、

直線で前を交わして先頭に立ち、

最後は外から追い上げてきた13番人気

アスターペガサス(牡3、栗東・中竹和也厩舎)にアタマ差をつけ優勝した。

勝ちタイムは1分8秒0(良)。(netkeiba)

 さらに1.1/4馬身差の3着に

2番人気アウィルアウェイ(牝3、栗東・高野友和厩舎)が入った。

なお、3番人気ディープダイバー(牡3、栗東・大久保龍志厩舎)は

アウィルアウェイと1/2馬身差の4着に終わった。

 勝ったディアンドルは、

父ルーラーシップ、母グリューネワルト、その父スペシャルウィークという血統。

デビュー2戦目の未勝利戦から5連勝で重賞初制覇を飾った。

また、本馬を管理する奥村豊調教師にとっても、これが初のJRA重賞勝利となった。