◆男子プロゴルフツアー報知新聞社後援メジャー第1戦 

日本プロ選手権 第2日

(11日、千葉・房総CC房総ゴルフ場=7324ヤード、パー72)

 夏日の日差しの中、予選ラウンドが終了した。

首位で出たツアー14勝のブレンダン・ジョーンズ(豪州)が、

74で回って通算6アンダーで単独首位をキープ。

大会史上9人目となる連覇を狙う宮里優作、

09年全米プロ王者Y・E・ヤン(韓国)、

初優勝を狙う稲森佑貴、永野竜太郎、姜庚男(韓国)、

10年&12年大会王者・谷口徹の6人が2打差の2位で追う。

 ツアー2勝の藤本佳則が3アンダーの8位。

10年&15年賞金王・金庚泰(韓国)、武藤俊憲らが

2アンダーの9位で続く。

09年大会覇者・池田勇太が1アンダーの12位。

4位で出て76とスコアを落とした石川遼選手会長、

12年賞金王・藤田寛之、14年賞金王・小田孔明がイーブンパーの18位。

03年&08年王者・片山晋呉は1オーバーの27位となった。

 14年大会覇者で114位スタートの手嶋多一は70で回り、

2オーバーの41位で今季初の予選通過。

78と崩れた今平周吾は5オーバーの74位で今季初の予選落ち。

大会最多6勝を誇る尾崎将司は10番から出て、

6番ホール終了後「体調不良のため」に棄権した。