リボン佐渡裕&スーパーキッズオーケストラ2015 

          東日本大震災復興祈念演奏活動 リボン



 ~医療サポートボランティア活動報告①~ 

2015年8月7日 岩手県盛岡市 岩手県民会館


「未来に向かって~踏み出す一歩を支える文化~」

岩手県民会館



東日本大震災復興祈念演奏活動の一番初めは岩手県民会館からです。


スーパーキッズオーケストラの皆さんは朝に新大阪を出発し新幹線で東京に、そして東京から東北新幹線新幹線に乗って、盛岡まで、合計5時間以上の長時間の移動です。


しかも彼らは自分の着替えカバンに加えて、大きな楽器を自分で担いで運ぶのです。

タイヘンそうあせる
     

そして、会場についたら、すぐにリハーサルです。音譜

そして本番!


竹下惠子さんと佐渡裕さんのトークで、兵庫県立芸術文化センターのお話をおなさっておられました。


阪神淡路団震災の後、復興の象徴として震災後7~8年目から始動し、音楽が復興につながるかという佐渡さんのお悩みもあったというお話もなさっておられました。

客席も満員。合格

もりおかジュニアオーケストラとの共演もあり、また、客席の皆さん歌との共演もありました。

鳴り止まない拍手に、アンコールを繰り返しておられました。音譜


皆様お疲れさまでした。


その後に、またバス信号機で宿泊地まで移動です。


バスは山道をくねくねと走り、車酔いする子も居ましたが、ホテルに着いたらもう夜の11時前。


晩御飯もしっかり取る間のなく、明日朝は8時出発。

大丈夫かな、、、、、


東北“こころのビタミン”プロジェクト



兵庫県立芸術文化センターでは、東日本大震災の被害にあわれた被災地の方々の心の復興を願い、2011年より、芸術監督の佐渡裕の指揮、小学生から高校生までの子供たちで編成されたスーパーキッズ・オーケストラの演奏で、毎年8月に復興祈念演奏活動を行っており、今年も、盛岡、釜石、大槌、七ヶ浜、仙台の5都市6会場を訪問し、“こころのビタミン”である音楽を各地に届けます。

____________________

 岩手県盛岡市

「未来に向かって~踏み出す一歩を支える文化~」

    (岩手県文化振興事業団創立30周年記念事業)

会 場:岩手県民会館盛岡市内丸131号) 

2015年8月7日(金曜日)

18:30開演 *SKO出演は19:30

ゲスト:竹下景子   

共 演:もりおかジュニアオーケストラ、くらぶ海音 他

主 催:岩手県文化振興事業団  

共 催:兵庫県立芸術文化センター

________________________________________

En女医会は医療ボランティアとしてサポートさせていただきました。

En女医会公式HP   En女医会公式HPは一部リニューアルいたしました。

En女医会facebookページ

En女医会関西facecbookページ

En女医会twitter