時給が上がると、社会保険扶養範囲内のパートさんは働ける時間が制限されてきます。 | 情報のバリアフリー化社会を創る!メディカグループ代表イシザキのブログ

情報のバリアフリー化社会を創る!メディカグループ代表イシザキのブログ

『HOUSEリサーチ』『メディカサイト』『e-デイサービス.COM』『e-ショートステイ.COM』『母子箱(もこぼっくす)』等の情報インフラ構築事業、ビジネスブランディング・プランニングを行う、メディカグループ 代表 石崎 隆志の日々と思考。

最低賃金、上げ幅焦点=過去3年は3%-審議会が議論開始

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00000092-jij-pol

 

最低賃金が上がることはとても良いことです。

ただし、現在の仕組みでは社会保険料130万円未満の勤務でなければ、手取り金額が大きく減少してしまいます。

 

すると、勤務できる時間が限られてくることになります。

社会保険が扶養範囲内のパート勤務が多い職場は対策が必要となります。

 

以下、どのように変化するのか、ご参考ください。

 

↓↓↓

 

社会保険の扶養に入るためには勤務時間が制限されてきます。

 

◎時給800円

年収130万円未満での勤務

 

1年が52週のため

1週2.5万円未満でなければならない。

 

週2.5万円未満となるためには

週31.25時間未満の勤務

 

1日8時間なら週3.5日まで

1日6時間なら週5日まで

 

◎時給850円

年収130万円未満での勤務

 

1年が52週のため

1週2.5万円未満でなければならない。

 

週2.5万円未満となるためには

週29時間以下の勤務

 

1日8時間なら週3.5日まで

1日6時間なら週4日まで

 

◎時給1,000円

年収130万円未満での勤務

 

1年が52週のため

1週2.5万円未満でなければならない。

 

週2.5万円未満となるためには

週25時間未満の勤務

 

1日8時間なら週3日まで

1日6時間なら週4日まで