情報のバリアフリー化社会を創る!メディカグループ代表イシザキのブログ

情報のバリアフリー化社会を創る!メディカグループ代表イシザキのブログ

『HOUSEリサーチ』『メディカサイト』『e-デイサービス.COM』『e-ショートステイ.COM』『母子箱(もこぼっくす)』等の情報インフラ構築事業、ビジネスブランディング・プランニングを行う、メディカグループ 代表 石崎 隆志の日々と思考。

メディカグループは情報のバリアフリー化社会を創っています。



『HOUSEリサーチ 新築住宅情報センター』
https://houseresearch.jp/


◎『HOUSEリサーチ』営業代理店募集!
https://ws.formzu.net/dist/S1484550/


ショートステイ利用情報広報サービス
『e-ショートステイ.COM』
http://www.e-shortstay.com


デイサービス利用情報広報サービス
『e-デイサービス.COM』
http://www.e-dayservice.com


愛媛県の総合介護情報サイト
『メディカサイト』
http://www.medica-site.com


◎『メディカサイト』運営パートナー募集!
http://www.medica-site.com/fvc


愛媛県の医療・介護の転職支援サービス
『メディカコミュニティ』
http://www.medica-site.com/community


愛媛県の子育て情報コミュニティサービス
『母子箱(もこぼっくす)』
http://www.mocobox.jp


愛媛県の子育て情報マガジン
『もこぼっくすLife』
http://mocobox.net/


愛媛県のキラメク女性の専門サイト
『もこぼっくすSalon』
http://mocoboxsalon.net/


愛媛県の子どもの習い事情報サイト
『もこぼっくす学ぶ』
http://mocoboxmanabu.net/


テーマ:

「介護再編」を読みました。

 

介護再編 介護職激減の危機をどう乗り越えるか (ディスカヴァー携書)

 


藤田さんの本なので、基本的にはマクロなお話なのですが、人材不足時代の「求人」について、とても具体的にわかりやすく書いてありました。
その内容を踏まえながら、これからの求人対策について書いてみたいと思います。


1.ホームページさえない事業者が人を集められないのは当然 ←(書籍より引用)

この問題は、私もずっと指摘していることですが、更に言えば、ただホームページがあるだけだと意味がありません。

・スマホ対応は必須
・情報発信の重要性を理解する
・ウェブマーケティングに取り組む
・SNSを「育てて」活用する


ということが重要です。
その上でホームページ等を「構築」し、そして「運用」していくことが大切です。



2.介護事業所が人材の採用において「最低限」やらなければいけないこと

↓↓↓(以下の8項目、引用)

介護業界では他の業界では普通にやっていることができていません。

(人材の採用において「最低限」やらなければいけないこと)

1.媒体選定(どの媒体で、いくら使うと、何人応募がある)
2.求人内容の創意工夫(介護職のおばちゃんが笑っている写真だけではあまり応募してこない)
3.応募があったら3分以内に連絡し、できればその日のうちに面接を実施する
4.いい人であればその日のうちに内定を出す
5.入社までの期間に食事会を実施する(他社に行かれないように)
6.入社時の提出書類と雇用契約書を用意する
7.入社後は最低でも7日は新人研修を実施する
8.大前提としてホームページのコンテンツを充実させ、SNSで情報を発信する。


↑↑↑(ここまで)

大項目1.については、8項目の中の8.にまとめられています。
まず、ここが大前提。最重要課題です。
ホームページやパンフレットに記載する内容はとても重要です。
偉い方の挨拶、きれいな写真、どこにでもあるようなきれいな文章では人は集まりません。
しっかりとした理念、それに基づく取組み、日常、成長、笑顔等がわかる内容、すなわち血が通った内容にしなければいけません。
そして、その情報は日々、更新され続けなければなりません。

8項目の中の3.4.6.は特に重要です。
だいたいではありますが、最初の電話の応対で、面接はほぼ終わっているといっても過言ではありません。
雇用側は、どのような人なのか90%ぐらいは把握できますし、逆に求職者も、どのような施設なのか70%ぐらい把握できます。
良い人材だと思ったら、とにかくスピードが重要です。

最近は弊社の転職支援サービスにエントリーされる方の70%ぐらいが、既に面接を受けていたり、面接予定だったり、内定をもらっていたりします。
すなわち、求職者は常に目移りをしているということを認識しなければなりません。

良いと思ったら、1日も早く、1時間でも早く面接を行う必要があります。
内定まで1週間もかけていたら、次のところに決まってしまいます。
良いと思ったら、1日も早く内定を出して、そして入社に向けた手続きを行っていかなければなりません。

また、人員の関係で難しいとは思いますが、7.の新人研修は重要です。
研修とは名ばかりの、忙しい担当がついて、「見て覚えて!」というスタンスでは、不安は増大します。
徒弟制度、メンター制度は、一朝一夕では構築できません。
制度を作って、実際に取り組んで、ブラッシュアップしていかなければなりません。
この仕組みは上手くいけば、退職率を下げると共に、社内の和をつくることにもなります。


転職支援サービスを運営している弊社が、実際に統計をとって断言できること。

・退職理由の95%が人間関係!(特に特定の1人が原因)
・早期退職の理由の大半は「教えてくれない!」「雰囲気が嫌!」「ここではやっていられない!」


ということです。

徒弟制度、メンター制度をはじめとした、初期トレーニング、初期サポートプログラムは重要です。




ということで、求人難の時代の戦略は大きく3つ。

1.広報戦略
2.面接での選定眼を高めることと、採用確定のスピードアップ
3.退職を防ぐ仕組みの構築



じっとしていては、どんどん大変になってきます。(あと3年は続きます。)
ぜひ、1歩踏み出して、取り組んでいきましょう!

 


テーマ:

弊社、介護の情報サイトの運営や、医療・介護の求人広告・人材紹介事業を行っているためか、いろいろなご相談のお電話をいただきます。

最近、多いのが「他社サービスに関する苦情」です・・・


・地元の介護施設の紹介センターに関する様々な苦情。

・全国系の介護施設の紹介センターサービスに関する様々な苦情。

・全国系の人材紹介サービスと銘打った、情報繋ぎサービスに関する様々な苦情。


え~~と、どれも、うちのサービスではないですよねぇ・・・(汗)


どのサービスも、人と介護施設を、「人を介してマッチングする(繋げる)サービス」です。
(人が自ら動いて介護施設と直接繋がる「広告」ではないという意味です。)

人相手の仕事というのは、本当に難しく、担当者によってサービスの質が大きく変わってしまうのはもちろん、紹介される人自体が、気分で決定事項を簡単にひっくり返してしまうことも少なくありません。

特にネット系では、どのようなサービスか知らずに登録する・利用する人が圧倒的に多いため、本来の「紹介」という仕組みとずれてしまっているサービスも多いのが現状です。

逆に、利用する介護施設も、ネット系の場合、きちんと利用規約等を読んでいないことも多く(契約時にチェックは入れているはずですが)、こちらもトラブルの要因の一つです。

(全国のネット系人材紹介の場合、どこでもよい!誰でもよい!という視点で動かれている担当者が多いのも現状です。歩合制なのでしょうね。)


という、背景が痛いほどわかっているため、様々な苦情を聞かせていただきながら、

「そうですよねぇ・・・」
「先方もいろいろあったのでしょうねぇ・・・」

とお答えするしかないのも現状です。

どちら側にも事情がありますよね。


・・・・・・・・・・・・


ちなみに、弊社の人材紹介サービスの場合、

・弊社サービスを一次面接的に使っていただいている

ケースが圧倒的に多いため、マッチングはなかなか神業レベルになってきます。

ちゃんとマッチングしていると、ほんと、単体ビジネスとして成り立たせるのは、なかなか難しいです。


最近の登録者の傾向として、

・すでに面接が決まってから登録してくる

・すでに内定が決まってから登録してくる

・情報だけ欲しい、カウンセリングは嫌!

という状況が増えてきています。

うーん、売り手市場ならではですねぇ。

私なら、そういう人は採用しないでしょうから、その時点でもったいないなぁと思うわけです。

 

 

 


テーマ:

平成27年8月、メディカサイトに、施設ページ印刷機能が装備されました。
それまで、メディカサイトの施設ページを印刷して介護施設を回られている方が多い!というお声を聞いてはいたのですが、実態がつかめなかったので、施設ページの印刷状況を「見える化」したのが、施設ページ印刷機能です。

施設ページが印刷されると、各ご施設にメールでご案内が届くようになっています。
印刷されるたびにメールが届きますので、反応がよくわかります。
ケアマネさんも、パンフレット代りに印刷してお渡しできますので、とても便利です。

あれから3年が経過し、施設ページの印刷数が15,000施設を超えました!

 



ちなみに、施設ページの閲覧数は3年間で155万施設!ですので、閲覧いただいたページの、1%ぐらいが印刷されているということではありますが、webページの情報が、15,000施設分もの紙情報となって出回るのは、本当に嬉しい限りです。
(ご施設へのパンフレット請求数は12年かけてですので、介護施設への資料請求って、かなりハードルが高いのだなぁ・・・と思います。)

11年前に某社長様より「webにこだわるな!」というアドバイスを頂き、メインの情報サイトにプラスして、FAX、DM郵送、定期メール、メルマガ、ブログ、SNS、と様々な情報発信手段を使って、介護業界の情報を発信してきました。

スマホ時代に入り、情報の探し方は大きく変わってきています。
より良い情報、より新鮮な情報をお届けできるよう、これからも頑張って参ります!

愛媛県の介護情報サイト「メディカサイト」
http://www.medica-site.com/

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス