メロメロパーク
テーマ:そんなこんなあんな人。
2005年11月23日(水) 02時22分26秒

ボンボンボン!

たまーに出てくる、イケメンボンボンくん。


金持ちなのに、イケメン。

イケメンなのに、金持ち。



ねえ、神様、って……?



両親ともに社長。

親戚も何かもう聞いたことあるようなトコの偉い人だったりでホンモノです、ホンモノ、勝てません。



そんな彼が、また振られたそうです。

11月も始まったばかりの、あの日。



ボス聞いて!聞いてくれる!?

ほっんとにね、今回こそは本気で好きだったんだ、すんごい可愛かったんだもん!


オレ、ちょう尽くしたのに!


移動は全部タクシーでさー、帰りなんて毎回1万出してさー。

だってミュール履いてちゃ可哀想じゃん、寒いし。


そんで、クラブ連れてったときに○○○○がいたんだけどさ、

その娘がすごいファンだったから、頼んで握手とサインもしてもらってさー、

しかも、○○○○(ジャニーズ!)も好きだって言ったから、わざわざ会えるようにしたの、おれ。


モノも買ったしさー、まあ、あんまり言えないけど。 (推測:絶対に時計だ)

おれの持っている情報全て使って、おいしいご飯も、たのしい場所も、全部連れてったの!


しかも、しかもだよ!?



クリスマス、お台場のすげー夜景の綺麗なホテルも予約したんだっつーーーーの!!



イブでもいけるように、23日から25日まで2日間予約したからね!!!


この時期、お台場に2日間もの予約、すげー色んな人に頼んで無理してもらったのにさ!!

その人たちにあわせる顔もないよ!!


ああああああああああ、も、信じらんね、すげーマジだったのにーーーー!!!



へー。(冷淡)

そんで、その人いくつだったの?年上でしょ?



ううん、今回は18歳。



わかっ!!(周りの盗み聞きしてた人たちと共に)

若すぎるよ!ただ遊ばれただけだよ!もうちょっと相手選べよ!!

ナンダヨ馬鹿ー、逆に引いちゃったんじゃん?なんか金いっぱい持ってるし、コネもあるし?


いや、その娘も、こっち系の子だから。


あら、そう。


だって、自分の名刺持ってんだぜ。ほら。


……うわ、すげーお嬢様って名前してる。(「瑠璃」みたいな、そういう高貴そうな)

名刺にお金かかってるわ。


もー、何が駄目だったのー、おれの何がよくなかったのー!?


さあ…なにかな。

あえて言えば、不器用なのね、アナタ。





…出会って10日しか経ってないからかな?



急 ぎ す ぎ だ ろ ! ?(周りの盗み聞きしてた人たちと共に)



んもおおお、ボス、誰か紹介して。


あんたに紹介出来る女の子なんて、あたしの周りには1人もいない。

(周りの盗み聞きしてた人たちも、大きく頷く)



ま、いっか、2日間違う女の子と過ごそうっとー☆



そうだねー☆

(周りの盗み聞きしてた人たちも、にこやか☆)





そんな話だけ聞けば感じの悪い彼ですが、

あんまりにもあんまり金持ちなので、花輪クンにしか見えてきません。


花輪くん、ちょっと感じ悪いけど心根は優しいでしょ、あんな感じ、あんな感じ、クチ悪い花輪くん。


それにたむろして「すげー!」っていう、まる子たち。



でも、お金持ちって大変なんだって。


あたしは、彼に会って初めて知ったんだ。


地元じゃお金持ちの息子って有名だから、いろんな人が近寄ってくるんだって。

そんで、いろんな人がお金目当てなんだって。

しかも、きょうだいもね、芸能人だからね、男の子も女の子もエライ寄ってくるんだって。

そんで、結局は「あたしも芸能界に入りた~い」って言うんだって。


だから、地元にはいたくないから、こっちに来たんだって。

だから、でも、結局は同じような人たち(ボンボン階級)としか交流が出来ないんだって。


「昔に付き合った人がねー、普通の感覚の持ち主でね、オレにバイトしろとか、自炊しろとか、そういうこと言うわけ。要は親の金で遊んでんなってことでしょ?でもさ、ウチにはそれだけの金があるだけの話だし、そうやって育ってきたんだし、ぶっちゃければイヤな思いも全部金のせいだったわけじゃん?だからどっちもどっちなんだよ。きっとオレが自炊とか始めたら、『エライね』とか言われんでしょ?マジウザい。オレに指図する女はみんなウザい!

『はは、ちょうウケる。(一括)てゆっかソレ、アユコのことでしょ!?』

「そうなの、アユコさんのこと。何でオレこの学校の人と付き合っちゃったんだろー?」

『見境がなかったんだね☆』

「盛り過ぎた☆」

なんとなく納得してしまうのは、やっぱりボンボン階級とは差があるからなのかしら。

あたしなんかが、「金使って女を口説くから失敗するんだよ」なんて思っても、「そもそも『そこに金を使っている意識』はなく、金を使うことが彼・彼女の中では当然で、それがスタートラインだから問題ない」ってことを初めて知った。

(ここで大事なのは、「あたしに金を使うことが愛情のバロメーター☆」なんて人が相手なのではなく、「え?だって毎日遊びに連れていってくれるでしょ?」みたいな、お金のある環境で育った人が相手だということなのらしいよ!)

奥が深い。

そして、とてもケチ。

カラオケ行って、30分分余計に請求されたことを得意の暗算で察知し、エレベーターに乗って1階まで降りたにも関わらず、お金を戻してもらいに友達をパシらせるとか当然。

『ちょちょ、自分が気付いたんだから、自分で行きなさいよ!』

「いや、それはオレの役目じゃない」(クールにキッパリ)

んも、悪いヤツ☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:そんなこんなあんな人。
2005年07月09日(土) 00時29分18秒

ごねごねハンバー。

ハンバーグ!気の迷いで、ハンバーグを作成。
ハンバーグ、初体験。
作ったことあるよ、とか言っててごめんなさい、ありません、こんなの。
(何か、勢いで出来そうだったから)(適当)

うんでも、ね、ね、あたし不器用なりに頑張った!

すんごいんだよ、パン粉に牛乳を染み込ませるって手順まで踏んだんだよ。
面倒丸出し。
しかも、タマゴも卵黄だけを使用。
分けた、白身を分けた。

でも、それをしてしまう程の余裕が、昨日にはあった。
そう、昨日作ったの。(でも、アメブロ重たかってんもん!)

ケチャプーとソースゥをべっちょりかけて水をぶっかけて勢いで「煮込み」になったとは思えない感じがいいでしょ、あ、見えますか、そうですか。
じゃがいもをゴマ油で焼くってゆう、なんだかとっても香ばしいコトになったのですが、あんまりにイメージとかけ離れた臭気を巻くので、マヨネーズをぶっかけて誤魔化しました。
油には、油です。
最終的にカリカリに焼けたので、問題は特にありませんでした。

そんで、その辺にあった大根サラダをのっけて、食べたー!
お嫁にいけるー!
今ならお買い得ー!
手がたまねぎ臭いー!!


とりあえず、世の男子は『肉じゃがは、めんつゆをぶっかければ出来る』ってことを覚えた方がいいんだ。

「得意料理は、肉ジャガです♪きゃぴ♪」って女子は、肉ジャガしか作れないんだから。
肉ジャガがメインの食卓で満足できるのか、ということですよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
テーマ:そんなこんなあんな人。
2005年06月30日(木) 21時16分19秒

ひげー

知らない人の方が多い気もしなくないので、説明なしでちょちょって言っておきますが。


ヒゲさんは、あたしのお抱えの先生だったんだよね。


精神的な。


お前どんだけ病んでんだよって時期がありまして、もう何年も前の話。

男とか女とか、そういうのなくなってしまえばいいんだこのやろこなくそぶっとばすぞって時期。


お熱な彼云々より、前からのお付き合いだったわけですね、ヒゲヒゲちゃんとは。


この世の理不尽さにびえびえ泣いては、ハイハイとあしらわれ。

殴らせろと言えば、逆に殴られ。

でも、暴れ回り憔悴し、大人しくなれば美味しいご飯を出してくれるわけです。


ん、餌付け?


去年までは、しょっちゅう遊びにいっては家を荒らし、グースカ寝て帰ってくることも多かったわけですが、最近はめっきりそんな回数も減った。


まさに親離れ。


いつも家にいるので、あっちの家族には彼女だと思われ。

ぷらぷらしてると知り合いには目撃され。

もう面倒だったので、「はあ、そう、彼女です、はい」って感じでありました。便宜上彼氏。


ほんでも、頭に手を乗せることはあっても、撫でることはしなかったし、

手首をつかむことはあっても、手をつなぐことはなかったし、

一緒に寝ても、突き落とされるくらいだったし、


非常に気を遣って頂いたし、生きてる以上どうしようもないことを訴えても、飽きずに付き合ってもらったこととか、感謝してるわけなのです。

「オレの彼女は煮崩れしかかってる」って紹介しても、とりあえず許し、許す…わけなか!!



そんなココ最近。


「もし、あたしに本気で彼氏が出来たら、もう彼氏だなんだのって言えへんなあ」


「ああ、でも、オレ彼女いるしやなあ」


「…は?」


「だから、オレには可愛い彼女がおんねん」


「それはあたしのことじゃなく?」


「煮崩れ寸前の分際でなにをおっしゃりますか!」


「ほ、ほほ、ほんまか、はよ言えや!!」



彼女できたんやって、めちょしょんぼりや、もう遊んだりせーへん、うそ、遊んで。



「また不安定になったら遊びおいでー」と言われて、そんな機会もなかったのですが、最近また不安定極まりなかったので、本日遊ぶ予定でございました。


15時の約束なのに、起きたのは18時ですよ。


いやいやいや、9時に起きたんだよ、でもね、起きたり寝たりしてね、18時でね。(白目)

夜勤明けに呼び出したにも関わらず、この有様。

「寝る元気があるなら、イケるやろ~」ってパチ屋で当たってご機嫌だったのか、許してくれた。

はー、危ない。


やっぱり、あたしはダメ子ちゃんだから頼れる人がいないといかんなって思える。

頼ることはしなくても、そういう人がいるって事実が大切。

じゃないと、どっかでぶちりと糸が切れる気がする。気がするってか、事実。


お熱な彼と音信不通になった際には、どうにでもなれでうっかり身を委ねそうにもなりましたが、それは非常に勿体無いなって思ったわけで。

そういう人と男女の関係(うぷぷ)になるなんて、勿体無い。

もっと大きな関係でいたいよね。


そう思える人と出会えたのは、ラッキーですよね。


なにが言いたいのか、ちっともわからないけれど。


そういうことですよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:そんなこんなあんな人。
2005年06月04日(土) 17時19分49秒

ママ?

お泊りをするとき、あたしはいつも「学校で泊まり込みで課題やるから」って言ってるの。


だけど、今日ママが言ったわ。


「母さんの友達と話をしててね、『娘は3年生になっても課題がたくさん出てて、学校に泊まり込みまでするのよ』って言ったのよ。そしたら、斉藤さんったら『そんなこといって、彼氏の家にお泊りじゃないの?』って言うのよー!」


「そうだったらいいのにねぇ」 (斉藤さんめ、余計なこと言わないでよ!)


「ほんと母さんも残念だわ、21年間彼氏なんて出来たためしがないなんて可哀相ね…




「…え、あ、うん、だよね、ほんと寂しい青春だよねー…………」



姉が見知らぬ男子と共のベッドで爆睡してるのを目撃した当時中学生だった弟は、隣で微妙な視線をあたしに向けてきたけど、知らん振り。
あのときは、「父さんと母さんには言うんじゃないよ」って言えば従っていたけれど。

ちょっとちょっと、いまさら金品を要求してきたりしないでしょうね。


そういえば、基礎体温計も20歳の誕生日に貰ったしなあ…。


…。


…そういえば、あたし、箱入り娘だった。



まさか婚前交渉云々とか言い出すのかしら。ブルブル。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
テーマ:そんなこんなあんな人。
2005年05月05日(木) 13時32分14秒

イケメンも大変であると思う昨今。

『もうイヤだ、もう疲れた、ココロが満たされたい』


『おれ、肉体はもういらないから、ココロが欲しいよ





だいじょうぶか、キミ、だいじょうぶか。


しっかりしろ、イケメン。

イケメンなのだから、仕方がないだろう。


女の子であろうと、顔と身体目当てということもなきにしもあらずだよ。


まだキミはハタチだ、だいじょうぶ、キミはとっても誠実だから報われる。

あたしは、そういうトコロが好きよ。





『マジかっこいいー! おれ、まだまだライオンの時期だからさ!!』


『肉体だけでいい、毎日連絡とかウザイ、その時だけ呼び出せって感じ?





同じイケメンなのに、なんだコレ。

なんだ、お前。


あたしの友達は、絶対キミに近寄らせないけどね。


あんたも苦労してるからさ、わかってるけどさ、とっても正直でいいよ。

あたしは、そういうトコロが好きよ。





「あたしはさ、ココロも身体もいらないよ、なんかもうどうでもいい」


「あたしが1番可愛いよとか言えちゃう、嘘つきな唇があればいいの




『かわいそうだね』

『うん、かわいそう。 歯にキムチはさまってるけど、とってあげる?』


「自分でとるからいい」


『え、爪で? 相変わらず大胆だね、つまようじは使わないんだね』


「エコロジーな女だから」


『いい。 いつかそういう女がモテる時代が来ると思うよ』



「そんな時代になったら、素直につまようじ使うから安心して」



『キミのそういうトコロが、俺たち大好き!』


「ヨー・ウェルカム!」

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
テーマ:そんなこんなあんな人。
2005年04月16日(土) 00時51分53秒

めちょパパ。

あたしのパパは、家の中ではとってもエラいポジションにいる。

 

調子乗ってパパって呼んでるけど、実際は 『父さん』 って呼んでる。

 

ちょーこえーの。

まじで、こえーの。

 

例えば、『アレがさー、なんかアレだよねー、あはは』 とか許されない。

主語も述語も、全て正確に話さないと顔が歪む。

 

 

怒りで歪むのではなく、不快感とか軽蔑の歪み方。

 

そりゃもう、父さんの顔が歪むのが本気で怖かった。

 

 

12歳くらいまで、あたしは父さんの顔をイマイチ知らなかった。

ほんとほんとに、家にいない人だったから。

 

あたしが寝た後に帰宅して、起きる前に出勤する、みたいなね。

 

今思えば、仕事がすんごく忙しくて月に2日しか家にいないとか。

たまにあたし達、子供と会えても、どう扱ったらいいのかとか。

基本的に細かい性格だとか。

 

 

そういうのが絡み合ってこうなんだと、いつだったか気付いたわけですが。

 

 

パパが帰ってくる時間には、パパが座る位置を一斉に掃除。

 

廊下の電気はつける、足元に障害物は転がさない。

とりあえず、散らばっているものは角をそろえてピシッとさせておく。

 

普段からそうしておけって言わないで。

わかってると思うけど、あたしのだらしなさは母さん似なの

 

 

『酒』 と言ったら、多量で多種のお酒が出てくる。

 

 

一声で家族全員が慌しく動作する。 

逆らうという発想すら思いつかない程、父さんは絶対的なのだ。

 

財布の紐も握ってりゃ、給料がいくらかなんて母さんも知らない。

基本的に無口で気難しい人なので、あたしは未だに扱いがわからない。

 

だので、他のお家のパパが家で虐げられているとか、信じられないわけよ。

(それも愛されてる証拠だと、お、おおお思いたいけど?)

 

 

もう55歳だし、定年間近なこともあって最近はすんごい穏やかだけども。

 

やっぱり未だに 『おっかない父さん』 のイメージは抜けないわけだ。

 

 

月曜から母さんは法事で実家に帰ってて、家にはパパと弟との3人。

あたしは無性にカレーが食べたくなって、たっぷり大量に作ってた。

 

昨日作ったので、今日はとっても美味しいはずですよー!

 

ホクホクしてご飯を炊いて、ぐわんぐわん鍋をかき回して。

 

 

 

そしたら、後ろに父さんが突っ立ってた。

 

 

 

とっとととととと父さんが、だ、台所にいるよーーー!!!

 

 

『作ったのか』

 

「う、うん、うん、私が…。 あ、でも豚肉…だけど…」

 

『ポークカレーねぇ…』

 

「私、財政難なのよ」

 

『父さんの分も用意してくれ』

 

 

 

…。

 

…ん、あ?

 

 

父 さ ん が 、 カ レ ー を 召 し 上 が る の ? ?

 

 

ちょっとちょっと、あたし、パパがカレーを食べるところ見たことないよ!!

スパゲッティーもないよ、チャーハンもないし、あと、あれ、あの…。

 

 

いやあの…父さん、カレーは食べ物だと認識してたんだね。

 

 

そんな感慨に耽りながらも、なるべく美しく盛り付ける。

お皿も、お客様用を出してしまった。

 

 

『らっきょうは?』

 

「え、ないよ、ウチで見かけたことないもの」

 

『そうか』

 

 

ほあー、父さんはらっきょうを召し上がるのねー、メモメモ。

 

 

『肉が固いな』

 

「安い豚ちゃんですから」

 

 

 

『でもまあ…、…うまいよ』

 

 

 

きっとパパは、ママがいたら食べるなんて言わなかったんだろうなあ。

娘が作ったカレーを食べたいだなんて、言えない言えない!!

 

カレーなんてぶち込めば誰だって出来るのにね、パパかわいい、うぷぷ☆

 

 

んま、何が言いたいかってゆうとさ、

 

 

 

みんなに内緒で、勝手にパソコンを買わないでください!!!

 

帰ってきたら、デデーンと鎮座しているデスクトップとプリンター。

購入先は、ジャパネット高田。

 

 

こっここここここ、この通販好き世間知らずめが………!!

 

なに衝動買いしてんだ、この…ウチにパソコン3台もいらねーの!!!

 

ママが帰ってきたら、きっと怒るに違いない。

一体どこに置くのよーって、あー、もー、勝手なことしてー、バカ父ちゃん!!

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
テーマ:そんなこんなあんな人。
2005年03月29日(火) 17時09分13秒

あたしの中で、今、貴公子が熱い。

皆様をおいてきぼりに話を強引に進める気であります、どうもめちょデス☆

違うんだ、違うんだ。
さっき見つけちゃったんだ。

貴公子保護委員会で発行された文書を。
(主に現代社会の授業中に2人で回してた手紙という名のルーズリーフを)

100均の安っぽいポーチから、それは出てきた。


『貴公子保護法案(KH法)』


な、なにこれ。
全然覚えがないんだけれども。

略してKH法て、頭弱いんじゃないかとか、そういう憶測は置いておいてだ。

とりあえず、抜粋していきたいと思うよ。


一、彼に迷惑をかけてはならない。
一、彼にむやみに触れてはならない。
一、彼の進路を妨げてはならない。
一、彼に私物を借りてはならない。
一、彼を驚かしてはならない。


あらやだ、割とまともじゃない。


一、彼の行動を馬鹿にしてはならない。
一、彼にぶつかってはならない。
一、彼に関する情報を独り占めしてはならない。

一、我々が掴んだ彼に関した情報を、外部に漏らしてはならない。
一、我々の存在を彼に知られてはならない。

一、彼の近くに筆記用具及び下敷きを落としてはならない。


それをきっかけに、話したりするんじゃないわよってこと。
彼の触った筆記用具を手に入れようったて、そうはいかないんだから!


一、彼の自転車を追跡してはならない。
一、彼を5秒以上見つめてはならない。
一、彼の妄想を行った場合、全て委員会に報告しなければならない。


身分を鼻にかけず、自転車登校だったのよね。
愛馬の『白馬・Bダッシュ』がいるっていうのに…。(めちょ勝手に命名☆)


一、彼を登校拒否に貶めてはならない。
(過度な委員会の活動によって、登校拒否が起こる可能性は否定出来ない)


否定しないところに、我々の身勝手さと図太さが表れている。


うはー、全部で38個あるんですけれど。
どんだけ貴公子が我々(2人)の青春の象徴かってコトがわかるなあ。

いいな、お馬鹿丸出しだったな、懐かしいな。

でもでも、割といたよね?
そういうアイドル的存在の人って。
中学校時代とか絶対いるよ、いる。たぶん。

彼の行動を馬鹿にしてはならないってのは、たぶん、あれだ。


貴公子はね、トイレが近かったんだよね。


とりあえず、彼は排泄なんて行わないと信じて疑わなかった我々。
『中の鏡で御髪を整えているのよ…』という意見で落ち着いたんだけれども。

そうそう。
KH法を破った時のために、厳しいペナルティが設けられているのよ。


ど、同窓会でハイタッチとか、ガムをねだったとか、内緒にしてってば!!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
テーマ:そんなこんなあんな人。
2005年03月07日(月) 02時10分15秒

今日は、外堀クンの誕生日。

あらあらら! 今日は外堀クンの誕生日ですよ! 3月7日!!

外堀クンはね、あたしが大好きだった人なのだ。
あらあら、今度こそラブだった人よ? そんな話をしようじゃない!



あれは、高校1年の春。

今より確実に細くて、可愛かった頃。
てゆっても、ガタイはよくてスカートの下にハーパン履いてたけれど。

お化粧の時間は30分だった頃。
てゆっても、25分は目力を作り上げてたんだけれど。

んまあ、初々しさはなかった頃。

隣の席の外堀くんは、サッカー部だった。
サッカー部=モテモテのイメージがあったから、最初は敬遠してた。

しかも、背が高くて、ヒョロくて、ネクタイをちょっと緩めてる人だった。
しかもしかも、初めて掛けられた言葉は「彼氏とかいんの?」だった。

「とか」って何だ。彼氏もパパもパトロンも愛人もいないわよって話です。

だからあたし、
「あんた、初めて話す人にそんなこと聞いてんの?」って返したんだ。

すると、彼はこう言ったの。


「あああ、ごめん!オレ人見知りするんだ」
「だから、何て話しかけたらいいかよくわかんなくて、ホントごめん」
「彼氏の話とかだったら、食いつきやすいかって思ってさ、ごめんね」

「ちょ、ちょっとそんな謝らなくても…」

「いや、よく考えたらすげー失礼なこと言ったから」
「テンパるとさ、もう、あー意味わかんね…(ど~ん)」





はい! Fall in Love!





仕方ない、仕方ないの。

二言目に「ごめん」が来る男子なんて、ロクでもない。
ヘコむスピードがとんでもなく速い。

うん、わかってる、そんなのわかってる。


でも、ブログ見ててみんな知ってるでしょ? 
思いっきり、みんな知ってるでしょ? 



あたしの、趣味の悪さ。

あたしの、駄目な男子の好きっぷり。



んやんや、駄目な男子だ好きってゆうか。
『オレって何てダメなんだろう』ってヘコみやすい人が好きなの。

それには手を貸さず、悶えている姿を見るのが好きなの。
たまに手を貸しても、『貸してもらう資格なんてない…』とかゆう人が好きなの。


変態で、ごめんなさい。 (今は、もう少しマトモなんだってば!)


結局は、特に進展もなく駄目だったんだけれどね。残念。

というより、様子を見てたら、
いつの間にか、女の本能より母性本能のが強くなっただけです。


「ポジションってあるでしょ?どこなの?」
「ああ、ボランチ」

「…昼時?」

「違う! ブランチじゃない!! ボランチってゆうのはねっ!?」

自分のポジションがいかに大切か、そしていかにマイナーか。
アーパーなあたしにもわかるように、必死で教えてくれた外堀クン。


「サッカーはなかなか点入らないから、観てて飽きちゃうよ」
「それが! そーれーがーいいんでしょ! 全然わかってないッ!!」

サッカーの観方とか、その面白さを切々と語ってくれました。
サッカーの試合を割とマトモに見れるのは、彼のおかげですよ本当。



うわー、懐かしすぎて何だかビックリ。
いいね、あたしも青春してた。

んまあ、「めちょさんは、女子って感じがしなくて話しやすいよ!」って、
言われるのは、昔も今も変わりません。そうか、やっぱりか。

ちゃっかりテニス部に彼女つくちゃって、何よ! 外堀のばーかばーか!!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
テーマ:そんなこんなあんな人。
2005年03月03日(木) 01時49分26秒

天は二物を与えたり。

目ん玉が飛び出る程、イイ女。

背も高くて、足も長い! 綺麗! 美人! べっぴん!!

とおぉんにかく、細いッ! 顔ちっちゃい!

それなのにチョー賢い!才女!才女!
滑り止めに「早稲田」!すげー!すげー! (名前にビビるタイプです)

あああ! 形容詞が見つからない! すごいんだ!すごい女なんだ!


そんな有賀様と、ちんちくりんのあたしはお友達。
小学校の同級生だ。

当時の合言葉は、「犯罪スレスレ」でしたね。


『万引きなんてシケたことしてんじゃねーよ、このゴキブリが!』


あたし、一生この言葉を忘れないと思います。
有賀様に凄まれ、顔が歪んでいた男子を思い出す度、チビりそうになります。

どんな犯罪抑止策より、この言葉が効くんじゃないかな。
ゴキブリなんて言われたくないもん。


そんな有賀様と、今度遊ぶんだ。
とっても久しぶり。

いつ遊ぶかは決まってないからね、お電話しないとね。


…あらあらら、有賀様の方からお電話が掛かってきたわ! ナイスタイミング!


めちょ 「もしもーし。ねえねぇ、いつ暇…」


有賀様 『つーか、あんた ToHeart2買ったのかよッ!? 』


めちょ 「か、買ってナイよッ!そんな暇ないから! てゆっか、いきなり…」


有賀様 『お前何様!? お前からギャルゲー取ったら何が残るんだよッ!! 


めちょ 「いいい色々残るよ! 何ソレ、あたしのコト何だと思ってんの…?」



有賀様 『だって、アンタ、ドリキャス持ってんじゃん』

めちょ 「ああ…ありゃ借りパクだ、借りパク


有賀様 『チョー悪じゃん。ワルだ、お前』




美女を交えて、ギャルゲー三昧。
んも、考えるだけで、笑いが止まりません、楽しそうです、ウキウキです。 

有賀様は、エロゲー専門なんですけれどね。 (正真正銘20歳女子)
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
テーマ:そんなこんなあんな人。
2005年02月22日(火) 01時39分50秒

今日は、渡辺クンの誕生日。

あらあらら! 今日は渡辺クンの誕生日ですよ! 2月22日!!

渡辺クンはね、あたしが大好きだった人なのだ。
あらあら、ラブじゃないのよ? ラブじゃなくてね? ラブじゃなく!

背が高くて、たぶんバレー部で、授業中だけ眼鏡をかけていた。
ときメモ2を貸してくれたのは、この人だ。 (ね。イイ奴でしょ!)

かすみサンのセーラー服に、2人してガン萌えてましたね!! (懐かしい) 

中3の時に、とっても仲良しだったわけなのよぅ。 元気かなあ?
あんまりにも仲良しで、中学生特有の冷やかしがヒドかったですね。


…うそ。 相手があたしだから、ホント誰も、噂してくれませんでしたね。

(口癖が 「あたしの分も掃除しとけって」 で、ゴメンナサイ)


あんまりにも好きで、『結婚!結婚しようぜ!』 ってゆっても、
『…はは』 って苦笑してた渡辺クン。

廊下ですれ違って、『結婚は考えてくれたの!?』 ってゆっても、
軽く手をあげて、困った顔をするだけの渡辺クン。


テスト前に、 『理科、電流わかんないよ!教えてよ!』 ってゆったら、
『教える必要なんてないよ』 ってゆった渡辺クン。


『何で?あたし電流とか電圧とかは全然だよ!』 ってゆったら、





『オレという電流に痺れるので、精一杯でしょ?』 ってゆった渡辺クン。



これで、どうして、恋に落ちなかったのか。

今のあたしからすると、どうしても腑に落ちません。 し、痺れる…。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。