応援したくなる人になる。 | NACHIKO先生の婚活心理学【みかん企画】

NACHIKO先生の婚活心理学【みかん企画】

静岡県・愛知県で婚活パーティー及び婚活セミナーを開催している会社です。20代〜50代の独身男女のサポート!この1年で、成婚された方々は20組以上!

セミナーも、婚活パーティーでの秘訣、お付き合い後のお悩みに大活躍する内容をご用意。受講者の8割がご成婚!


テーマ:

こんにちは。

婚活心理カウンセラー NACHIKO です。

 

 

身体のメンテナンスをしてきました。

今回は以前からお世話になっている、アーユルヴェーダの先生に施術をお願いしていました。

マダムを始め、人生のクオリティを様々な形で高めてくれるメンターの皆さんとのご縁は、私にとって非常に学ぶものが多く、天からの贈りものと確信しています。

感謝はもちろんですが、有難いという言葉では収まらないのです。

 

さて、今回のメンテナンスでわかったことは、「私は冷え性だった」ということです。

小学、中学生の頃は、よくしもやけになっていましたが、自分が冷え性だとは思っていませんでした。

ちょっと冷たいけど、世の中の冷え性とはほど遠いかなと思っていました。

それが、ここへ来てテキメンに現れてきたように感じます。

この施術は今の体調にあっているのかもしれません。

 

実は、実母も肩こりに長年気づいていませんでした。

私も受けついだ「気づかないDNA」が作動していたのでしょうか(笑)

 

もしかしたら「気づかないでおこうDNA」かもしれません。

母も私も、どこかで自分を押し殺して生きてきたように思います。

 

ある時、私とのやりとりで、母は「自分の人生を生きるぞ!」と思いたち動きだしました。

その頃、身体の変化があったように記憶しています。父が文句を言っても、自分のやりたいことを始めました。

 

メンテナンスのつもりで始めたエアロビクスから、いつの間にか、新しいダンスチームを作り、キャラバン隊で各地に出演、慰問までするようになっていました。

さすがにこの変化には、驚きました。

「エアロビだけずっとやっていても発展性がないと思って。それプラスで広がる可能性のあることをやってみたかった」

と言っていました。

 

もちろん、稼業の農業の仕事は怠らずやっていましたし、嫁姑問題もなかったので、祖母も母の活動を応援していました。

父も、知人から大きな大会で有名になっていることを知り、文句を言わなくなっていました。

 

自分が何かに突き動かされ行動したことは、良い意味で周りを変えます。

自然に応援してくれます。

応援したくなってしまうんです。真剣に打ち込んでいるから。

 

あなたも何か、真剣に取り組んでみてくださいね!

あなたを応援している人は、気づいていないだけで、たくさんいます。

 

 

☆ Do your best ☆

みかん企画さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス