あなたの本当の望み | NACHIKO先生の婚活心理学【みかん企画】

NACHIKO先生の婚活心理学【みかん企画】

静岡県・愛知県で婚活パーティー及び婚活セミナーを開催している会社です。20代〜50代の独身男女のサポート!この1年で、成婚された方々は20組以上!

セミナーも、婚活パーティーでの秘訣、お付き合い後のお悩みに大活躍する内容をご用意。受講者の8割がご成婚!


テーマ:

From:吉本みかん

 

ト ト ロ

 

ト ト ロ

 

文字化けではありません(笑)

 

 

僕と奥さんは最近、寝る前と起きたとき、

 

「トトロ♪ トトロ♪」

 

と、となりのトトロのテーマソングを歌っています。

 

 

何をやっているのかというと、

 

潜在意識に目標を刷り込んでいく、というやつです。

 

イメージトレーニングですね。

 

目標を自分に言い聞かせるとき、

 

目標を毎日紙に書く、寝る前と起きてすぐ、というのが効果的なんですけど、

 

それを利用したトレーニングです。

 

 

経営セミナーなどに参加するとよく、目標を紙に書け、と言われます。

 

僕も自分の仕事を真面目にやろうかと思い、それを実行することにしました。

 

ただ、やり方として紙に書くのは続かないので歌にしてみようと思い、

 

最初は売り上げ目標を歌にしていました。

 

そこで、郷ひろみさんの「2億4千万の瞳 エキゾチック・ジャパン」をもじって、

 

億千万、億千万のところを、

 

「6千万、6千万」と歌っていました(笑)

 

 

ところが、2週間くらいやってみたんですけど、どうもしっくりこない。

 

何でだろう?と考えていたら、

 

そういう数字が目標なのではなくて、

 

その数字が達成できたときに実現できる人生が目標なのだと気づきました。

 

 

これは婚活でも言えることですが、

 

多くの人は、結婚生活を年収とか形ある条件で考えています。

 

ですが、人が本当に望んでいることはそんな条件ではないんです。

 

あくまでも条件は、自分が望んでいる生活を実現するための手段でしかありません。

 

もし、その条件が満たされていなくても、

 

自分が望んでいることが実現できるのであれば、他の方法でもいいわけです。

 

ですが、

 

人は具体的なことはイメージしやすいんですけど、抽象的なことはイメージが難しい。

 

だから、分かりやすい条件につい目がいってしまいます。

 

そうやって、自分の本当の望みを忘れていまうんですね。

 

だから、条件が目的になってしまう。

 

でもそうじゃないんです。

 

 

僕も、6千万とか言っていましたけど、それは自分が望んでいる人生にするために必要な数字がこれくらいかな、

 

と計算した結果でした。

 

ですが、

 

いろいろ状況を整理すると、そうじゃないなという結論になりました。

 

 

トトロ、というのは、

 

となりのトトロに出てくるお父さんが、都会から田舎に引っ越して書斎で物書きをしている。

 

その横で4歳のメイちゃんがお花を並べている、そんな生活のイメージ。

 

僕と奥さんはそれを目標にするほうがしっくりきました。

 

 

僕と奥さんは、実際にその生活がほぼ実現できています。

 

自宅は静岡県掛川市の山奥で、

 

何もない。

 

そこで、今日もこのメルマガを書いています。

 

それこそ、トトロのお父さんみたいです。

 

 

何が言いたいのかと言いますと、

 

あなたの結婚の望みは、「抽象的なイメージ」ということです。

 

 

まずは、これをはっきりとイメージすることからスタートします。

 

その次に、具体的にどんな相手を選べばいいのか、ということを考えます。

 

 

なぜ、多くの人が婚活で迷っているかというと、

 

この結婚へのイメージが曖昧だからです。

 

ゴールがはっきりしていないのに、誰を選べばしっくりくるのかなんて決まりません。

 

 

もしあなたが、婚活をしていて、

 

どんな人にあっても、何人もデートしたけど、ピンとこない、ということがあるとしたら、

 

ゴールがはっきりしていないのです。

 

あなたも、ぜひ本当の望みを見つけてください。

 

そのヒントになるのは抽象的なイメージですよ。

みかん企画さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス