贅沢な時間 | 在米19年「負け犬」の本音

在米19年「負け犬」の本音

「勝ち犬」になれる日は来るのか・・・


テーマ:

エンジニアさんとお家を買って住み始めてから、早いもので3ヶ月。「ただいま〜」と言うと「お帰り〜」と返ってくる。「I love you 」と言うと「I love you more 」と返ってくる。「今日はディナーどうする?」と相談できる相手がいる。急な仕事で帰りが遅くなっても、ラテのお世話をして待っていてくれる人がいる。こんな日々に、心底から温かい幸せを感じています。

長く辛い独り身の生活を過ごしてきたからこそ、これが決して当たり前ではない事を分かっています。だからこそ、ささやかな幸せな日々に毎日、心から感謝しています。本当にありがたく、これからもこの瞬間瞬間を大切にしていきたいです。

先日は、パティオに置く椅子を買いました。


青い空と緑に囲まれ、二人でまったり。


と思ったら、この方が参加


すると、この方も


家族4人でまったり。

我が家の近くには公園があり、毎日そこでリトルリーグの試合や練習が行われています。そこから聞こえてくる子どもたちの元気な声、声援を送る親の声、そして金属バットにボールが当たる音が、かすかに心地よく聞こえます。コミュニティを感じられ、私は気に入っています。

同時に、緑が多い地域なので、小鳥のさえずりも心地よく聞こえ、何時間でもパティオにいられるくらいリラックスできます。


クービーもお散歩を満喫。


色々な音や匂いに興味津々です。

あんまりにまったりし過ぎて、気がつけばすっかり夜です。


リクライニングを倒して、互いの膝の上にそれぞれの子どもたち。二人で他愛もない会話をしながらゆっくりと時間が過ぎていきます。こんな何気ない時間が一番贅沢で、そして一番幸せです。




人気ブログランキング

Mecaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス