小さなショップ・サロン
お教室にファンが集まる
はじめてのWEB集客&
デザインレッスン
村上かおりです^^
 

地方に住んでいても、子育て中でも
自由なはたらき方を目指す起業女性を
応援しています♪
 

 

 

髪の毛切ったです^^
 

先週
長く関わらせていただいている
起業家さんと、
お会いしたときのこと

この間、かおりさんに
商品ご提案用の資料作りの
サポートをしてもらって以来、
継続コースのご契約率が
100%になりました!♡


とのお声をいただいて
それは、ヨカッター^^
じんわりと喜んでおります^^

 

わたしよりもずっと
ビジネスのステージが上で
お客様からの信頼もあつく、
価値の高いサービスを
提供している起業女性。

お試しのサービスから
本コースをご提案して
ご成約率は
もともと70%前後とのこと、
それもスゴすぎですが!!

お客様にご覧いただく
「資料」を改善したことで
そこをさらに高められたということで。

しかしまあ、100%って。
まるでウソのような 笑
本当の数字^^

元々ある商品のご提案資料、
つまりセールスの資料をですね

さらにわかりやすく
より魅力が伝わるように
見た目を整える、という部分を
お手伝いさせていただきました。

 



カウンセリングやセラピーなど
「目に見えない、形のない商品」を
扱っている方はとくに

いかに、わかりやすく
サービスの良さ、魅力を
お客様に感じてもらえるか!?
ですよね。

それはもう、文章だけでなく
ビジュアルの力も使って
整理して、わかりやすく!

資料に限らず、
チラシや、リーフレットにも
言えること。

見やすく、わかりやすく
=伝わりやすく。を最優先に。

そんな改善を加えるだけで
お客様の反応は変わってきます。
本当よ!^^
100%とはいかなくても
10を50に
50を80にできるかも。

もちろん、数字がすべてではないですが

お客様の未来を良い方へ変えていく。

お客様に喜んでいただく。
そんな、あなたのサービスのすばらしさが
ちゃんと伝わったほうが
いいにきまってる。

チラシやセールス資料を
わかりやすく、伝わりやすいものにするために
チェックしてほしい点が
いくつかありますが

その中から今日は
2つをあげますね。

①むずかしい用語を使っていませんか?

専門性の高いお仕事をされている方ほど
ほんとーに、無意識に
一般的ではない言葉
専門用語をふつうに
使っていることがあります。

わたしもたまにやってしまうのです。^^;;
自分にとっては
あたり前すぎて気づかなかったり。

それを
初めての方にもわかる
だれにでもわかる表現に言い換えたり
短い言葉で補足する、

文字だけではなく、
写真やイラストの力を借りる
というのもおすすめです。

②長い説明文になっていませんか?

「長い文章を読むのが苦手」という方は
意外と多いのです!

たとえば、
これを読んでいるあなた自身は
電気製品や、パソコン機器の
分厚い説明書の小さい文字
喜んで読みますか?
(あ、喜んで読めるタイプの方は、気にせずに…^^)

つらい、と思った時点で
読むのをやめてしまいます。
かなりいいことを書いていても
読んでもらえないのは、もったいない!

思い切って文章の内容を
整理してカットする
目立たせたいところは
色を変えるなど強弱をつける

(メリハリ、リズムがあると
 読む側がストレス無く受け取れます)

写真やイラスト、図表の力を借りて
読まなくても、自然に目に入る
心に入る、工夫をする 
などがおすすめです。

これだけでも、
チラシや、資料への
お客様の反応がかわりますよ^^