皆さまこんにちは。

組織デザイン研究所の小笠原でございます。


今、働くママが進化しています。
働くママ3.0の時代へ

仕事といえばパートを意味した1.0
昭和も終わり女性たちが働き始めた時代

家事に追われ、キャリアとの間で揺れた2.0
家庭より仕事を優先する「バリキャリ」
家庭優先で昇進諦める「マミートラック」
そんな間でママたちが悩んだ時代

今どきは、キャリアを決してあきらめず、
丁寧な暮らしも大切にする3.0
夜型の仕事はできない、
家事も完璧にしなければ、オシャレは卒業

そんな彼女たちを
働くママ3.0世代と呼ぶそうです。
弊社も働くママ3.0メンバーが
数名ですが、活躍してくれてます。

女性誌VERY(光文社)で
初の女性編集長となった今尾朝子さん(47)

働くママとして復帰し、
「編集長の業務」とされる
夜の会食やパーティーの大半を断り、
定時に退社する生活に切り替えたそうです。

調理師や栄養士による
料理の作り置きサービスを展開する
シェアダイン社長の飯田陽狩さん(36)
「忙しさを理由に
家庭の食卓を犠牲にしていた。
このままでいいのか?」
というジレンマから起業

「これだけ外食や市販総菜が
発達しているのにどうして…」と
手作りにこだわる飯田さんの考えは
時代遅れと冷ややかな目で見られた。

「女性が活躍するための
社会インフラを作りたい」
突き進んだそうです。

家族の口に入れる物は
最後まで自分で頑張りたい
これは私自身も感じることです。

わが家は隔週でヨシケイを注文してます。

主菜に副菜2品ほど
食材とレシピがついて毎日自宅に届きます。

調理時間は約20分

レシピ通りに作っても良いし、
自分の好みで味付けしても良い

買い物をしなくて良ければ
レシピを考えなくても良い

レシピから時短メニューを学べるので
自然とマイレシピも増えていく

周囲から「ヨシケイなんて料理ちゃうやん」
と言われるけど、気にしてられない

19時半に帰宅、
1時間で料理と食事と片付けを終え

20時半にお風呂、
21時から30分は子どもたちとの時間

この生活をクリアするには
料理に時間をかけてる暇はない!

ということで、活用してます。

わが家はオシャレコースにしてまして、
こんなメニュー構成です。
ちなみに、最近赤ちゃんが生まれた
男性スタッフにヨシケイを教えたら
嫁に感謝されました」と報告あり

嬉しいです、お役に立てて何より!

家庭の味も大事だけど、今この時も大事

家事も完璧にしたいところですが、
ちょっと余力も持ちながら生きていく。

これが働くママ3.0

ブログ最後まで読んでくださり

ありがとうございました。


組織デザイン研究所の小笠原でした。


********************


組織デザイン研究所では、

働きやすさ×働きがい×生産性の

三位一体を実現する人事戦略構築を

お手伝いさせていただいております。


人事のお困りごとがあれば、

お声掛けくださいませ。

お問合せページへ


********************