妄想リアル重量配分♪ | ドリフト屋 D-Like

ドリフト屋 D-Like

熊本のドリフト専門店です


テーマ:
リアルな重量感を表現する為の重量理論

確かに重量が軽い方が慣性が小さくなり早く振れて早く止めれるので

ただコースを一周を早く走る事だけなら有利だと思いますが

大きく振り出してしっかり止めて加速しないといけないのと

パッと振ってパッと止まって進む方が小さいラインと角度で走れるので

当然といえば当然でしょうけど(笑)

まぁ実車で考えるとしたら

F1みたいなので無理やりドリフトするのと

市販車ベースでドリフトするのでどっちが早いかっていうののイメージだとわかり易いですかね

いくら早かろうがF1でドリフトするようなのを求めてる訳じゃないですしね

まぁ~

自分の思うドリフトを楽しめれば良いんですけどね

ちなみに私のRe-R HYBRIDにも

image

まぁ~とても人に見せ出来るような物ではないのですが

ギルドさんで拾った何かの部品をリアのオーバーハング部分に載せてます(笑)

次ギルドさんに行く時までの人質です

あとそうそう、

気が付いた方いらっしゃるか分かりませんが

Re-R HYBRIDのリアショックタワーには使いきれ無いとこまで

ダンパー取り付け穴が有るって思った方いらっしゃると思いますが

image

「一番外の穴使えねぇ~じゃん

って思った方

それはダンパーの為の穴では有りません(笑)

実車のリアダンパーは

image

そう♪

image

ダンパーの外側にボディの重量やら

フェンダーの重量やらが

車の中心から見てダンパーより外側に載ってますよね

image

ダンパーの外側にも慣性重量が掛かるという事

image

そこを表現する為のウエイトを付ける為の穴なんです(笑)

同じ重量でもどこに載っているかで動きの表現は変わってきますからね

さぁ~

楽しむポイントが一つ増えたんじゃないんでしょうか

妄想しながらお試しあれ

まぁ

人それぞれなので絶対という訳ではないと思いますが

レーシングカーと箱車との一番の違いはこういう所じゃないかと思うんですよね

だから個人的にはレースを見るのもF1とかよりも

GT選手権やスピードは遅くても箱の車のレースを見る方が好きなんですよね

もちろんドリフトも箱車ベースだからこその動きをコントロールするからこその

ドキドキ感が見ていても乗っていても

楽しい所だと思うんですよね


Enjoy DRIFT♪





早く走りたい為にウエイトを載せてるのではなく

あくまでも重量感の有る荷重移動の動きと操作感を楽しむ為に

ウエイトは載せてます



運動会のかけっこで一等賞を取りたい訳じゃないからの投稿♪


D-Likeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス