プルプルと戦う戦士!!勇者ミカン♫ その③ | ドリフト屋 D-Like

ドリフト屋 D-Like

熊本のドリフト専門店です


テーマ:

アライメントの調整で♫

かなりプルプル星人を弱らせた

勇者ミカン



しかし、

まだまだ完全には倒しきれてない

さぁ~

最後の戦いが今始まる!!



まず、

左右に2つのタイヤが付いていているのでステアリングを切る事で

アライメントの変化や

タイヤの幅が有って

スクラブによりタイヤの支点が回転軸から離れているので

タイヤの路面に接地している支点が変わり

ステアリングを左に切ると

車体自体が上から見て左に振れます


左に切ると左に車体自体が振れる動きになります


まずコレがステアリングがプルプルなる一つの要因でもあります。

特に左のタイヤよりも右が先に切れ始めが

大きいと車体自体のフロントの振れ幅が大きくなるので

応急処置としては

弱トーアウトにする事で初期の車体の振れが少なくなるのでプルプルが出にくくなると

いう事になるんです

ほんとはちゃんとアッカーマンで調整した方が良いですけどね

そして

ジャイロの気持ちになって見てみると・・・

リアが右に振れるとステアリングは右に動くのですが


フロントが右に振れるとステアリングは左に動きます



まぁ基本的にフロントが右に振れるという事はリアが左に振れる動作の

際にという事なのですが

コレがもしリアは右に振れようという動きが出て

ステアリングをジャイロが右に切ろうとした時に

フロントが右へ車体ごと振れる動きをしたら・・・

ジャイロだけで考えると

最初リアが右に振れたのに対して右にステアリングを切ろうとしたら

冒頭の右に切ると車体が右に振れる動きが出ると

今度は左に切らないといけないってなってしまうんです

そして左に切ると今度は車体前方が左に振れるので今度は右にステアリングを切る

なのでリアのタイヤがグリップ状態で進んでいる時でもホイールスピン状態でも

リアが軸にフロントの動きが左右に出る為に

プルプルの原因になるんです


ん~~

分かりましたか??

要はフロントの左右に振れる動きが出ないような足廻りの作りをする必要が有るという事と

その左右に振れるのを瞬時に修正するという動作を抑えるという事が

プルプル星人の攻略法になるんです


Re-R HYBRIDのスライドラックはかなりスルスル動くように作って有りますので

サーボの性能をフルに引き出す事が出来る反面

その細かいサーボの動きを拾い修正が出来る為

サーボの初期反応が良いものになればなるほど

足廻りのセッティング次第ではプルプルなりやすいって事になるんです

サーボ次第ではスピード自体は早くなくても

初期の反応をプログラムで上げて有る物もあるみたい

逆にステアリング系の動作が重い物では出にくいという事になりますが

あくまでもサーボに負荷が掛かっている分でサーボの初期の反応が鈍くなっている事に

なりますので、

ただでさえジャイロを使用するとサーボへの負担が増えるのに

もっと負担が掛かっているという事ですね

じゃぁ~どうしたら良いか??

反応の速いサーボでも

スムーズさを活かしながらサーボに負担をかけないようにプルプルを撃退する為には

一つの方法としては

サーボホーンの取り付け位置を短くしレバー比を変える事で

image

初期反応を落とす事で反動によるプルプルはかなり解消出来るので試してみてください

他にも方法は有りますが長くなるのでおいおいご紹介します♫

まぁ、

まずは足廻りのバランスが取れていてからの話しですけどね

さぁ~て

プルプル星人を見事討ち果たした

勇者ミカンの走り



さぁ~

これからが勇者ミカンの本当の冒険の始まりだァ~~

Enjoy DRIFT


プルプルが出ていたあの頃が懐かしいからの投稿♫











D-Likeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス