プルプルと戦う戦士!!勇者ミカン♫ その② | ドリフト屋 D-Like

ドリフト屋 D-Like

熊本のドリフト専門店です


テーマ:

キャンバー調整の次は

トー調整♪



アレっ

勇者ミカンさん・・・

だいぶ広がってますけど(笑)

トーの調整には色々考え方があるのですが

とりあえず今はプルプルと戦ってるミカンさん

ちょっとだけトーアウト気味に♪



細い表面の丸いタイヤであればそんなに気にならないと思いますが

面の有るタイヤで見るとわかり易いと思いますが

例えばキャンバー0の状態で路面とタイヤの面が同じになっていても

image

キャスター/キングピンアングルなどの関係上

少し切ると

image

タイヤの面と地面の隙間を見るといかにタイヤの当たり方が変わるかってのが

分かりますよね

image

左右のタイヤの傾きのバランスが

昨日の10円玉が倒れた方に曲がる理屈をイメージして重ねて考えると

わかり易いですよね



フロントの足廻りを触る場合はこれを絶対に忘れないように

イメージしながらセットするようにしましょう

image

Re-R HYBRIDのアッカーマン調整は

ナックルの4箇所と

ステアリングラックの3箇所の調整が出来ますが

キャンバーやキャスターやキングピン位置の変更でも変わりますので

決して調整幅が少なくはないと思います。

必要な範囲の調整が出来る!

必要無い部分は要らないという考えで設定していますので

色々試してみてくださいね

ステアリングラックの真ん中の穴

image

ステアリングラックの一番前側の穴にした場合

image

オプションを付ける必要の無いRe-R HYBRIDは

この辺りをじっくり勉強しながら楽しんで頂ければと思います

D-Likeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス