HYBRID・DRIVE | ドリフト屋 D-Like

ドリフト屋 D-Like

熊本のドリフト専門店です


テーマ:

Re-Rからの最大の進化



フロントベルト駆動

リアシャフト駆動の

HYBRID DRIVE

モーターをフロントのミッドシップに

横置きに搭載されるRe-R



プーリーとベルトの位置関係で出来る

アクセルでの前後の荷重移動♫

しかし、

リアのベルトが長い為

アクセルのダイレクト感がシャフトしゃに比べると物足りないのも正直な所ですよね

等速のドリフトであれば前後のフィーリングの違いが干渉してしまうのですが

今や4WDでもケツカキが当たり前の時代に

よりFRの感覚と動きを求めた結果のケツカキ仕様!!

という事は

フロントのダイレクト感ではなく

リアのダイレクト感が重要

逆にフロントはある程度ナチュラルな方がFRのフィーリングと動きに近くなるんですよね。

Re-Rでもそのフィーリングを求めて

リアのベルトを張り気味に

フロントのベルトは緩めにという方も多いのではないでしょうか?

Re-R HYBRIDでは

image

モーターからピニオンギヤそしてスパーギヤに駆動が伝わり

センターシャフトからギヤによりドライブシャフトへ

image


image

そしてデフギヤへ

image

リアはシャフトとギヤでダイレクトに駆動を伝えます

アクセルのダイレクト感は

Re-Rに比べると格段にUP

スペースも十分に取れるようになったのでメカ類のレイアウトの自由度もUP

そして

フロントの駆動は

センターシャフトから

image

ダイレクトにファーストギヤへ

image

この部分はスペースがあまり取れず

モーターの端子の出かた次第で端子を削らないといけないモーターも有りますが

モーターを交わす為にセカンドギヤで上に逃がし

image

ベルトによりフロントセンターシャフトへ

この部分のギヤにより上品なサウンドが出るのもRe-R HYBRIDの特色です

image

そしてセンタープーリーからフロントプーリーへ

ちなみにこの二つのプーリーとベルトの交換で

カキ率の微調整が簡単に出来ます

フロントセンターシャフトのプーリーのイモネジ2個と

バルクヘッドのネジ4個外せば交換出来るので

ササッと大会などで時間に限りがある場合でも出来ちゃいますね

FR車のフィーリングに更に近づいた


正常進化!!

「Re-R HYBRID」




次回ロットのご予約はお近くのショップ様にて出来ます♫

又は

D-Likeオンラインショップにて

↓↓↓↓↓↓↓

http://www.d-like.net/?pid=78047788







D-Likeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス