Re-R HYBRID 組み立てその⑤モーターマウント | ドリフト屋 D-Like

ドリフト屋 D-Like

熊本のドリフト専門店です


テーマ:
次は

モーターマウントをメインシャーシに取り付けます

photo:06

部品の点数は増えてしまいますが、

整備性となんといっても

モーターがセンターに配置される事で

左右の重量のバランスが取れます。

マシンの中でも一番回転する部分がモーターなので

回転によるモーメントの位置はタイヤのグリップ力の小さなドリフトでは

搭載位置がとても重要になってきます

そして、ラジコン界ではモーターの反トルクでフロントを沈める事で

車が動く事を抑える方向というのがセオリーなのかもしれませんが

あえてモーターの回転方向を反対にする事で

アクセルのON/OFFで前後の荷重移動と

ブレーキング時にフロントを沈め込む動きでフロントへの

荷重移動によるコントロールを更に求めた

ドリフト専用シャーシだからこそのこだわりです

※「モーターを他のシャーシと反対に回すのですか?」という質問が多いのですが

向きを左右入れ替えているだけなので

モーター自体は他のシャーシと同じ方向に回します!!





もちろん机上の空論ではなく

Re-Rを発売開始して約5年間リアルを求め

色々試行錯誤した結果、

(初期の頃の図面を見た方はご存知かと思いますが最初はRe-RやCERと同じ方向になって

いたんですよ♫)


このプーリーの位置関係とモーター横置きミッドシップレイアウトであるから

こそ活きてきます♫

アクセルONでフロントが持ち上がりながらリアに全体の荷重を載せ

リヤタイヤへしっかり荷重を載せる事でリアタイヤのトラクションをしっかり稼ぎ

FR車のようなリアタイヤで押し出すようなフィーリングを可能にしております。

そして、フロントタイヤのトラクションが欲しいシーンでは

アクセルOFFまたはブレーキングにより

車全体の荷重をフロントへ移動させる動きでしっかり向きを変える事が出来るんです♫

もちろんRe-R HYBRID のシャーシ全体の重心やアームの支点の位置関係や

足回りのジオメトリー全てが

この前後の荷重移動による車全体のコントロールの為に設計されています



あくまでも

実車を操作してるかのような操作感

実車のような動き

を求めて開発した”リアルドリ専用マシン”ですので

最初は戸惑う位、

今までお使いのシャーシとはフィーリングも

セッティングも違ってくるかもしれませんが

リアルを求める方には自信を持ってオススメ出来る一台になっていると思いますぜ♫



リアルを求め正常進化!!

「Re-R HYRBD」



ご予約はお近くのショップ様にて出来ます♫

又は

D-Likeオンラインショップにて

↓↓↓↓↓↓↓

http://www.d-like.net/?pid=78047788


D-Likeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス