MDO on the amebablog

FX禁止後のガーデニング、株とたまにオタクの日々


テーマ:

どんなときに歌う?ブログネタ:どんなときに歌う?
参加中
本文はここから

MDO on the amebablog-自作ディスプレイ台

含み損から目をそらすためにチョコエッグの飛行機フィギュアのディスプレイ台を自作しました。

側面に飾りがあった方がいいかなと思い鋲止めで作ろうとしたら板が割れまくり。

飾りをつけるならドリルで穴を開けて接着の方が良いようです。


コルクボードはコルクマット交換で出た廃材を利用。

ヒートナイフで穴を開けてフィギュアの台を通せるようにしています。

あとは側面を削り継ぎ目隠しに痛絵でも描いた化粧板を貼れば完成です。


まあ、面倒臭いのでこのままでもいいかなと考えています。

何よりあまり部屋が痛くなるとますます変わり者呼ばわりされてしまいます。

しかし、これで地震が来てもフィギュアが倒れまくることはありません。


小学生の工作レベルですがオタクは何か作ってこそオタク。

こういうノリは死ぬまで大事にしたいと思っています。

何より何かを作るのは楽しいです。


それにしても今週は凄い週でした。

本当に想像以上のことが起きています。

自分もかろうじて生き残っていますが来週が怖いです。


円はメジャー通貨ですが発行量が少ないことが退避先通貨としての魅力を高めていました。

その円が緩和される。

しかも、今の地合でわざわざ行われました。


となると退避先として持つ意味はあるのか?

そう考えるのはごく自然なことに思われます。

この世界がどうなるか分からない中での円投売りチキンレース。


どこまで行くのか正直まったく分かりません。

自分もトレンド当初はクロス円の経験則からトレードしていましたがそれを見直しています。

おかげで何とか生き残ることが出来ました。


しかし、来週はどうなるかまったく読めません。

相当のストレスです。

そのストレスを最初は意識していませんでした。


しかし、ブラックロックシューターのED。

確かSupercellというバンドの「僕らのあしあと」という曲。

それを何気無く聴きながら歌っていた時に歌詞の


誰もがみんな悩んでもがいてる


の部分がグサリと突き刺さり気が付くと耐え切れず思わず号泣。

年甲斐も無くアニメの歌に泣かされてしまいました。

しかし、泣いてばかりもいられないので顔を洗ってトレード再開。


泣いたせいか少しずつ効率は上がっています。

涙はストレス物質を排出すると聞いています。

いい年した大人でもたまには泣いた方がいいのでしょうか?


さて来週もトレンドに乗るしかないのでしょうか?

ただ長いことやっている人にとってクロス円のロングのトレンドの危うさは身にしみついています。

反転した場合の強烈さも周知の通りです。


そのため来週もどうなるか丸きり読めません。

しかし、何とか頑張るしかないでしょう。

不安から思わずアイルーフィギュアに話かけます。


俺は大丈夫かな?生き残れるかな?

当然、脳内で実際に声は出しません。

今の状況で出したらネジが狂って危ない人になりそうですからw


MDO on the amebablog-アイルーフィギュア

モンハン日記ぽかぽかアイルー村G コレクションフィギュア1 ゲーム バンプレスト(全5種フルコ.../バンプレスト
¥4,200
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

テンパるとどうなる?ブログネタ:テンパるとどうなる?参加中

本文はここから

MDO on the amebablog-Newtype2月号付録

MDO on the amebablog-BPS

画像のNewType付録のまどかマギカクリアファイルはかなりいい感じでした。

薦められて購入したバトルプログラマーシラセはテンポは良かったです。

ただスタチャにしては芋臭くロリコン臭いので自分だったら他人に薦めませんw


などと現在も散財中です。

しかし、どうもその散財生活も終わりが近いかも知れません。

というのも為替で予想外の事態が起きたからです。


予想外の事態とは無いと思われていた日銀の追加緩和とインフレ目標設定です。

そのおかげでクロス円はかなりの急騰をしています。

おかげでクロス円ショートを抱え込んでいる自分の口座の維持率はかなり圧迫されています。


クロス円ロングで対応していますが限界は近いです。

アメリカの景気回復、欧州問題の沈静化、そして日本の貿易赤字、原油高、etc。

元より今の円にはかなり売られやすい地合がありました。


そのために本来なら必要の無い緩和のはずですが日銀は実行しました。

これは日銀が一つ間違えればハイパーインフレを招きかねない事態です。

しかし、一般人の自分にはそれが起きたとしても抗う術はありません。


何が起きても流れについていくしか無いでしょう。

それにしてもFXは怖いです。

見ているうちに何人もの人がLCで消えていきました。


それを見ていると自分の脳裏にも新小岩の文字がちらつきます。

思わず恐怖でテンパりそうになります。

そして、テンパると自分は固まりがちになります。


しかし、来週はそれを我慢して頑張るしかないでしょう。

まあ、LC食らったらタヒるだけなので楽と言えば楽です。

自分の終わりが見えているなら将来の心配は要らないからです。


メシウマネタを提供することになるのは少々シャクですが原因は自分の失敗。

受け入れるしか無いと思います。

さて来週の自分を待っているのは新小岩か維持率回復か?


円安地合があるとはいえ欧州、米国、中東、そして日本。

明日の世界で何が起きるかは誰にも分かりません。

それにしても生きていくのって難しいです。


Newtype (ニュータイプ) 2012年 02月号 [雑誌]/著者不明
¥720
Amazon.co.jp


BPS バトルプログラマーシラセ ( DVD2枚組 )/中井和哉,福圓美里,折笠富美子
¥15,750
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

体弱い? 強い?ブログネタ:体弱い? 強い?参加中

本文はここから

MDO on the amebablog-拾われ猫ズ

ソロモンはたいがいそんなふうに入札を”牛耳り”、国債を充分に長く保有して、それが値下がりするほうに賭けて”空売り”した連中を”踏み上げ”で苦しめた。

空売りしたポジションを埋めようにも、買い戻す国債が市場には無い。

国債の価格は上昇し、空売りした連中は悲鳴をあげ、ソロモンのトレーディングフロアでは歓声が沸き起こる。

莫大な利益を前にソロモンはほくそ笑み、ウォール街の大きな杖をふるう。

入札を牛耳ると、本来は利幅の小さい国債にうまみが出て、それまでは国債トレーダーが退屈そうに座っていたやぼったい部門にも、陶然とするような男性ホルモンの熱気が立ち込めるようになった。


抜粋元

日本経済新聞出版社

スノーボール下巻ウォーレンバフェット伝

アリスシュローダー著

伏見威蕃訳


今週は想像以上のクロス円の踏み上げで物凄いストレス相場でした。

いちおうロングでスキャっては見ましたがクロス円のロングは周知の通り鈍足。

そのために今週も先週と同様に+650pips&膨大な含み損。


ただ週末にかけて流石に無理上げだったのか下げるようになっています。

膨大な資金力のある人達の限界は弱小には計りかねます。

しかし、これ以上は円売りを仕掛けている人達も危険な状況に見えます。


それにしてもメジャー通貨の一角である円が”買われない”と値動きがつまらなくなります。

体の弱い自分はストレスでお腹がやられまくりです。

それでも何とか頑張って自分の守りたいものを守りたいと思います。


まあ日本の輸出企業はおかげで一息つけたことでしょう。

しかし、震災復興で大量の資材や原油が必要な今の円安が果たして良いかというと疑問です。

あらゆる状況が変わってしまった今ではむしろ円高を歓迎すべきだと思います。


余談ですが日本の経常収支からすると最低でもあと6年。

新エネルギーの開発や企業の想定レートの見直しと円高対策促進。

それがあればさらに長く円高でも日本は対応できるそうです。


それに円高に下手に抵抗せずに底をつかせれば逆に円高は早く終わります。

円高になりすぎて相場の変動性が低下する。

そうすると今度は円安にする必要がある人達がいるからです。


もちろん急ぐのであれば介入、国債の直接引き受けなどで一時的な円安は可能です。

しかし、今にそれをすると危機を脱しつつある欧州や米国のさらなる緩和を呼びかねません。

またどうしても円高が無理であれば円安しかないとなると恐ろしいことが起きます。


まず日本に対するあらゆる種類のネガキャンが起こります。

そうなるといくら円安になっても意味が無いでしょう。

大抵の国は通貨高に抵抗力があっても通貨安には抵抗力がありません。


もし日本がそれのターゲットになれば日本が北朝鮮レベルになる可能性すらあります。

あくまで可能性ですが一つ間違えばそれは確実に起きます。

円高に関して対策が遅きに失した今では嵐の過ぎ去るのを待つしか無いかも知れません。


また懸念だったギリシャも時間稼ぎが効いたのか欧州圏から例えデフォルトしても大丈夫。

そういう声がでるようになっています。

当のギリシャももしそうであるならば緊縮で奴隷生活を強いられたくは無いでしょう。


しかし、物事は実際に起きてみないと何が起こるか分かりません。

デフォルトするにしてもしないにしても来週は目が離せない展開になりそうです。

それと自分がトイレから離れられない展開もまだまだ続きそうです。

スノーボール (下) ウォーレン・バフェット伝/アリス シュローダー
¥2,625
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。