脚が細くならないのであれば、2つのことを改善すべし! | 二子玉川、用賀のピラティス+トレーニングスペース 40歳過ぎても輝く女性の為に!

二子玉川、用賀のピラティス+トレーニングスペース 40歳過ぎても輝く女性の為に!

「歳だから・・・」という言葉は必要ありません。今が一番輝いていられる為の案内役、パーソナルトレーナーの金子由美です。
「ピラティス」「マスターストレッチ」「Body Weight Exercise」であなたに合ったトレーニングをご提供いたします。


テーマ:

【スクワットをしても脚が細くならないのであれば、2つのことを改善すべし!】




おはようございます。

二子玉川を拠点に活動しているフィットネスパーソナルトレーナーの
金子由美 です。



スクワットというトレーニングを知っていますか?

お尻を突き出し、椅子に座ったり立ったりするような動きをするものです。

主なやり方は…

1、足を肩幅に開く

2、背筋を伸ばし、膝とつま先を同じ方向に向けたまま椅子に座るようにお尻を下げる

3、膝を前に出しすぎないようにして元に戻る


正しく行えば脚の強化や引き締めに効果的です。

お尻の引き締めをするにもおすすめのトレーニングです。



====================

脚を細くしたいのに、こんなことしていませんか?

====================




いざやってみたはいいけれど、背中が丸まっていたり間違ったやり方をしていたりではもったいない!

効果が出にくいばかりか、膝や腰に負担をかけてしまうかもしれません。

それは望まないことですよね?


スクワットという言葉は以前より知られるようになりました。

それは、テレビや雑誌や書籍でも紹介されるようになったからでしょう。

とても魅力的に思えるし、ちょっとやってみようかなという気にさせてくれます。

それって凄く良いことだと思うのです。

なんでもきっかけが大事。


ただ…


ポイントを押さえて継続していくことをおすすめします。




====================

脚を細くするために押さえておきたいポイント2つ。

====================




では、そのポイント2つを説明します。


《 股関節の動きを滑らかにして意識的に動かす 》

どういうことかというと、お尻を突き出す際に腰を丸めるようにしてしまうと本来使いたいお尻の筋肉に刺激が入りにくくなるのです。

ためしに、椅子に座った状態から腰を丸めたまま立ち上がろうとしてみてください。


立ちにくくないですか?

それでも立とうとするとモモの前に力が入りますよね。

これでは脚がかえって太くなるでしょう^^;

脚を細くするためには、股関節の動きを改善することが第一なのです。



《足の裏で地面を押す意識を高める》

ご自身の足をよーく観察してみてください。

・指はまっすぐですか?

・タコができているとしたらどこにありますか?

・指でグーチョキパーが出来ますか?

・立った時の足裏感覚は鮮明ですか?



足で地面を押すという感覚が高まってくると、モモの裏にも意識が入ります。

そうすることで、モモの前に余分な力が入りにくくなるのです。

もしモモの前の張りが強い、前に盛り上がっているのであれば要改善です。



【まとめ】

脚を細くしたいのであれば、正しいフォームでトレーニングをしましょう。

そのためにも、股関節の動きを改善し足裏感覚を高めましょう。

これは簡単ではないです…

多少の時間をかける必要があります…


それでも、地道に続けていけば必ず身になります。

そんなことをじっくりお伝えしながら、トレーニングを進めています。

是非、キュッと引き締まった脚で好きなパンツを履いてほしいです!




【出来ることから始めよう!】

※お問い合わせはお気軽に!お待ちしています
お問い合わせ/お申し込み

※詳細はこちらをご覧ください
活動場所・料金

パーソナルトレーナー金子由美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス