脚を引き締めるために必要なたった2つのこと | 二子玉川、用賀のピラティス+トレーニングスペース 40歳過ぎても輝く女性の為に!

二子玉川、用賀のピラティス+トレーニングスペース 40歳過ぎても輝く女性の為に!

「歳だから・・・」という言葉は必要ありません。今が一番輝いていられる為の案内役、パーソナルトレーナーの金子由美です。
「ピラティス」「マスターストレッチ」「Body Weight Exercise」であなたに合ったトレーニングをご提供いたします。


テーマ:
二子玉川を拠点に活動しているフィットネスパーソナルトレーナーの
金子由美 です。
ピラティス、マスターストレッチで身体を柔軟にし、安定した快適な身体づくりを提供しています。



おはようございます。


【脚を引き締めて、お尻もキュッと引き締めるために必要なたった2つのこと


先日、お客様からスクワットのやり方について質問がありました。

脚を引き締めたい!

お尻を引き締めたい!

脚を強くしたい!

という方にオススメなトレーニングではありますが、

ちょっとしたフォームの間違いで逆効果になることも…

本日は、必要な2つのことを話したいと思います。



なぜスクワットをするのですか?


そもそもスクワットとはどういうトレーニングかご存知でしょうか?

写真のように、立った状態からお尻を突き出して腰を下げていく体制でおこなうトレーニングです。





目的は、下半身の強化。

しかし、やり方が間違ってしまうとこんなことが起こります。


・腿が太くなる
・膝が痛くなる
・腰が痛くなる



頑張ったのに…

これでは悲しすぎますよね。

そのようなことが起こらないためにも、

必要なたった2つのこととは…



①どこをどのように動かすのかを知ること

②妨げになっている部分を解消すること



詳しく説明しますね。

①どこをどのように動かすのかを知ること

3つのパターンを描いてみました。

左上は、股関節を曲げてお辞儀をするようにしています。

絵では背筋が伸びていますが、丸まっていれば腰にかかる負担が高くなります。



右上は、膝から曲げています。

膝を前に出すように曲げてしまうと、膝にかかる負担が大きいです。

正しいのは、下の絵のように股関節から曲げ始め、

スネと背中のラインがほぼ平行でおこなうこと。

細かく言うと、足裏の感覚や重心位置や力の入れ方も重要になります。



②妨げになっている部分を解消すること

そもそも股関節の動きに制限があったり、

お尻の筋肉が硬くて伸びにくくなっていたりしていれば解消する必要があります。

動きやすくしてからの方が効果的なフォームを作ることができるでしょう。



もしあなたが、脚を鍛えたい、引き締めたいと思ってトレーニングをしているのであれば、

効果のあるやり方をしてほしいと思います。

頑張っているのに、思うような効果を感じられないのであればもったいない!

それだけで損をしているのではないですか?



ポイントは…

正しいやり方・ちょっとしたコツ・意識の仕方

です!

これさえ身につければ、3ヶ月後には理想の身体を手に入れることができます^^





【出来ることから始めよう!】

※お問い合わせはお気軽に!お待ちしています
お問い合わせ/お申し込み

※詳細はこちらをご覧ください
活動場所・料金

パーソナルトレーナー金子由美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント