今日から令和

今年二回目の新年?

テレビでは各局で年越し的番組が行われたり、

渋谷のスクランブル交差点では、

カウントダウンのために大勢の人が集まったり

皇居前には大勢の人が訪れているという報道も

京王では「京王ライナー平成→令和号」が、

年?を越して運転されたようだが、

それに使われた「令和」ヘッドマークを付けた車両のダイヤが分かったので、

よく撮っている場所へ行ってみた。

そんな電車だから写真を撮る人であふれているかなと思ったが、

(元号が変わるのを気にしているのは自分だけ?

鉄道ファンもゴールデンウィークでどこか遠くへ行ったのか?)

誰もいなくて拍子抜けだったりしたが、ごくごく平凡な編成写真をそこそこの出来で

 

今日使ったカメラは、EOS7Dという10年前のカメラだが、動く被写体をファインダーで追い続けることが出来、拍子抜けするほど簡単にピントを合わせてくれる。

そのあたりの事を先々月のブログに書いたが、そんなキヤノンも昨年秋にニコンと共にフルサイズミラーレスを発売するなど一眼レフの終焉も近いのかなという感じもあるが、使ってみると一眼レフの方が良いことも数々。

一眼レフはアナログ時代の技術。そんな枯れた技術というのも、やはり良いものだなと、新時代を迎えた今思う事も。

写真は京王線明大前-代田橋駅間にて

EOS7D 70-200mm