発表会と迷い | おじょーず!Life☆in スイス

おじょーず!Life☆in スイス

スイス人ダンナ様(日本語ペラペラ&ちょっぴり乙女系)&2人の子供達とのスイスライフを綴って行きます♪


テーマ:
今日も昨日に引き続き、ペマコのバイオリン発表会のお話。

日本のばあばから送られてきたワンピースを着用し、ペマコ出陣!

まずはリハーサル。
初めてお会いするピアノの先生との合奏ですが、問題はないようです。

リハーサルの後、30分後に開演→ペマコはトップバッターと言う事で、どこで待機するのか先生に聞くと。。。

「会場内どこでもいいですよ〜」

テキトー過ぎ!

そして本番。

トップバッターでも臆することなく弾くペマコ。
こんなに肝が座ったコだとは知りませんでした。

三部構成の『きらきら星変奏曲』ですが、一部が終わるごとに観客が終わったと勘違いして拍手。

そんな観客を

「民よ静まりなさい」

と言わんばかりに、大仏顔で静かに見つめるペマコの姿は、なんかすごくご利益がありそう。
…ある意味、親バカですが。

フォーマル過ぎず、カジュアル過ぎないばぁばセレクトのワンピースも活躍。
親ってありがたいですね。

ペマコの演奏が終わると、他の子供達の演奏です。

どちらかというと、ダンスのステージにいそうな女子。

弾き終えて、なぜかビックリ顔でキョロキョロしている姿が子供らしくて可愛らしい子でした。

ザ・カジュアル

「あれ、ケンカ中?」

と思うぐらい音が合わない二人。
やはり、準備期間が短かったのが原因かな?


フェアリー見参!

花冠をつけている人なんて、『ヘビーローテーションPV中のAKB48』ぐらいかと思っていましたが。。。
こちらの子供がつけると、妖精感が出て可愛らしい。

「ペマコにもいつか花冠を。。。」とも思いましたが、仏教の祭典みたいになりそうなので一瞬で却下です。

1時間程でピアノ・バイオリン・フルートの演奏が終了。
20組ぐらいの演奏があったでしょうか。。。

その中で、わりと上手だなと思えたのは3組ぐらい。
全体的にレベルは高くないようです。
(幼稚園〜小学校低学年の演奏でしたが)

もうちょっと厳しめのバイオリンクラスに変えようかと迷いましたが。。。

父の転勤で何度もピアノ教室を変わった私。
いろいろな先生につきましたが、その中でも練習量が足りないと鍵盤から手を払い除け「帰れ!!」と激怒する先生がいらっしゃったんです。

それを見た母が

「うちの子は音楽を楽しむためにさせていますので辞めさせて頂きます」

と言って、先生を変えてくれたんですよね。。。

確かにプロを目指しているわけではないし、『音を楽しむ』と書いて『音楽』。

いつも母は子供にとって最善と思える道を探してくれてたなぁと思うわけです。

ペマコにとって、今のゆったりし過ぎだけど楽しいバイオリンクラスでいいのか、それとももう少ししっかり教えてくれる所を探した方がいいのか。。。

いろいろ考えましたが、『音を楽しむ』=『音楽』ということで、今のクラスで学ぶのがいいということになりましたが、ドイツ語では『音楽』(音を楽しむ)じゃなくて『ムジーク』(Musik:語源分かんない)なんですよね。

ま、いっか!

↓いいね!の1票、クリックして頂けると嬉しいです♪ 
(パソコン・スマホ・タブレット対応)

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

↓こちらにも1票入れて頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

Twitter始めました。

ojoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス