びっくり!私よりハイレベル! | おじょーず!Life☆in スイス

おじょーず!Life☆in スイス

スイス人ダンナ様(日本語ペラペラ&ちょっぴり乙女系)&2人の子供達とのスイスライフを綴って行きます♪


テーマ:
今日は昨日のお話のつづき。
(昨日の記事はコチラ

現在、バイオリンを習っているペマコ。
その期間およそ10ヶ月。
そんなペマコも夏休み前の発表会に出してくれるという先生からのお話があったのが数ヶ月前。

あまり発表会の話が出ないまま時が過ぎ。。。

先月半ば、小学校の近くを歩いていた私の目に飛び込んできたのは。。。

バイオリン・フルート・ピアノを習う、村の子供達の発表会のポスター。

?!

これ、先生が言っていた発表会じゃね?
先生から聞く前に、ポスターで時間などの詳細を知るって。。。

ということで、先生に

「あのポスターの発表会はペマコも出るんですか?」

と聞いてみたところ、

「ええ!もちろん!」

いやいや、あーた!「もちろん!」て!
ペマコはなんの曲弾くのさ。
…発表会まで、あと3週間しかないんだがね。

私が子供の頃、ピアノの発表会に出る時には、数ヶ月前から発表会のための曲を先生が選曲。
その曲をひたすら弾き込んで暗譜し、発表会へ向けて仕上げていったものです。

そんな私の気持ちを知ってか知らずか、

「ペマコには"きらきら星変奏曲"を弾いてもらいます」

…それ、わりと習いたての頃に弾いてた曲よね?

という私の心の声が聞こえたのでしょうか。

「この曲だったらペマコが自信をもって弾けると思うから」

と先生。

私、思ってることが顔に出やすいんですよね。。。
言葉は通じなくても、それは通じるんだ!って妙なところで感心です。

そんなこんなで、発表会の1週間前ぐらいになり、当日のスケジュールを先生に聞くと。。。

「まだ決まってなくて。。。(テヘ!)」

そ、そうなん?

じゃあさ、

「ペマコは先生のピアノの伴奏で弾くんですか?」

と聞いてみると、

「そうね、ピアノ伴奏は私かピアノの先生が弾くようになると思うわ!」

あの。。。
我々、『ピアノの先生』を存じ上げないんですが。
一度も一緒に弾いたことない人と合奏は厳しいんじゃないかな。

普段テキトーな私が不安になるぐらい、ハイレベルなテキトーさ。

このユルさゆえ、ペマコが楽しんで続けられているんですけどね。

つづく

↓いいね!の1票、クリックして頂けると嬉しいです♪ 
(パソコン・スマホ・タブレット対応)

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

↓こちらにも1票入れて頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

Twitter始めました。

ojoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス