■【恋愛・結婚】”相手の感情に振り回されること”と”自分の感情をコントロールする”バランス | 精神科医名越康文監修カウンセリングルーム~メンタルケアサロン『ピュアラル』のピュアブロ(カウンセリング・東京都渋谷区広尾)

精神科医名越康文監修カウンセリングルーム~メンタルケアサロン『ピュアラル』のピュアブロ(カウンセリング・東京都渋谷区広尾)

精神科医名越康文監修カウンセリングルーム
メンタルケアサロン~ピュアラル
(カウンセリング・東京都渋谷区広尾)
のカウンセリング・メンタルトレーニングに関する
メンタルサポートブログです。

皆さま、こんにちは。
ピュアラル・代表カウンセラーの小高千枝です。


恋愛・結婚は相手あってのことのため
一筋縄にはいかないことが沢山あります。



女性は承認欲求、親和欲求が強い生き物のため
つい相手に求めすぎてしまうことも


そして、
女性ならではの母性をお相手に注ぐと
迷惑がられてしまったり


(>_<)


本当にバランスが難しいですよね。



恋愛のご相談で多いケースが
相手(彼・夫・気になる彼)の感情に振り回され
つい言いなりになってしまうこと



「会いたい」と言われれるとつい会いに行ってしまうんです。
「都合のいい女」になっていますよね。。。



勿論、人間ですから「好き」「会いたい」という感情が出ることは
悪いことではありません。



しかし、振り回されすぎにより生活に支障をきたして
しまわれることもございます。



カウンセリングでは
相手の感情に振り回されず
客観視される力をつけていくような心のトレーニングとケアを
しておりますが
感情のコントロールには時間がかかります。



しかし、成長がないわけではありません。
心の小さな変化をキャッチし
ご自身のペースを日常化していくこと。



彼に振りまわれる日常を非日常へシフトする。



好きなお相手は
「女」である自分を蘇られてくれる存在ではありますが
お相手の身勝手な態度に不安や怒りなどマイナス感情を抱くことは
「女」としての母性や優しさを打ち消す存在にもなっています。



恋愛とはなんでしょう?
夫婦関係とはなんでしょう?



人それぞれ価値観・感覚の違いはあると思いますが
お互いの立場や状況を理解された中で
支えあえる、思い合える存在であることに意味があります。



ご自身の心のポジショニングを意識され
日々の中で、お気持ちを整理しながら
お互いにどういう関係性であることがベストなのか?


気持ちのふれ幅も感じながら
ご自身のペースで導き出して いきましょう。

小高千枝のカウンセリングサロン『ピュアラル』(東京 広尾)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス