SPECIAL INTERVIEW No.6

テーマ:

 

【表紙全体】

「君に至る場所」
表紙用紙:シャイナー雪 120kg

表紙印刷:オフセット フルカラー

表2-3印刷:オフセット スミ

表紙加工:マットPP加工

特殊加工:箔押し加工(オーロラシルバー箔)

 

本文用紙:モンテシオン69kg(コミック紙)
本文印刷:オフセット スミ

------------------------------------------

【SPECIAL INTERVIEW No.06】

■「天閑」 氷凪 様

-----------作家様

-----------アドバイザー

 


★今回の作品のテーマを教えてください。
------------------------------------------

シリーズ物が一旦完結を迎える一冊だったので、とにかく腑に落ちるものを、

集大成として力を籠めるつもりでつくりました

 

▼表紙箔押し



★こだわりたかったところは?
------------------------------------------

雨上がりの光を感じるような明るい装丁にしたかったので、とにかく白を活かせる紙や加工を検討して
相談させていただいて、今回の仕様に決まりました。
 
想像だけで挑戦してみた装丁だったのですが
シャイナーの紙の模様と質感がPPで面白く変化して、また発色の美しさが極まって予想以上に素敵に仕上がったのでとても気に入っています。

 

▼表2-3印刷&巻頭ページ

 


★頼んでよかったなと思うところは?

------------------------------------------

自分の中でイメージが固まっていなくても、沢山のサンプルを見せていただいたり、
知らなかった装丁を教えていただいたりして、新しいことにチャレンジできるので
また親身に相談にのっていただけるのでとても助けていただいております(有難うございます!)

-----------------------------------------------------------

【アドバイザーコメント】

いつも表紙に特殊紙をお使いいただくので、新刊の雰囲気に合わせてご提案させていただいてます。

白基調でシリアス・・・ということで、儚げなイメージを感じたため、シャイナー雪をオススメしました。

こちらはアドバイザーが個人的に好きな紙で、厚紙ではないですが、PP加工をすれば

アート180kg+PPの厚みとだいたい一緒になり、薄さも気になりません。

キラキラと光る、雪のような花びらのような表面光沢が、マットPP加工後にはより上品な輝きになります。

また、弊社の印刷機との相性も抜群で、データで見た印象そのままの青色のグラデーションや

美しい中間色を表現でき、刷り上がりをみて感動しました。

 

あとは紙がやや薄めだったので、表に表2-3の色が透けないよう、

グレートーンでグラデーションをかけて薄めに調整いただきました。

巻頭のモンテシオン紙の本文印刷部分と繫がる形で、本を開いてからの流れが美しいですね。

-----------------------------------------------------------
この度、2回目のインタビューにお答えいただきました。

いつも楽しく挑戦いただき、ありがとうございます。

今後もご活躍を応援しております。

 

▼他にも多数の素敵な作品より、厳選してご紹介させていただきます。

 

「たとえ空が落ちてきても」

 

 

 

-----------------------------------------------------------

【アドバイザーコメント】

とことん暗いイメージにしたいです、というご希望を頂戴し、

グレー系の特殊紙から一緒に選びました。

あまりグレーが濃いと、フルカラーが目立たなくなるので、

里紙の銀170kgのやや薄めのグレーでお決めいただきました。

鈍い青色が美しく、黄色系の明るい色も比較的紙色に負けずに印刷できました。

表2-3印刷はスミ刷りですが、こちらも巻頭へと続く流れがあり、読み始めからドキドキします!

-----------------------------------------------------------

 

「ばはりあつめ」(アンソロジー)

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------

【アドバイザーコメント】

アンソロジーはB5サイズで、さらに帯を色上質黒で巻きたい、というご希望をいただき、

当初、色上質の黒に白で印刷をする予定でしたが、弊社ですと箔押しの方がお安く、

濃い色の紙への白印刷だと、印刷部分がミルキー(インクが半透明のため、ややグレーに見える)になるため、

箔の方が費用対効果が大きいと思い、ご提案しました。

キャラクターの装飾をモチーフにした、小口側の箔押しと相まって、大変豪華な印象になりました。

(左上の箔押しは「つや消し金」、下の印刷部分が黒色になっています。)

細部に至るまで小技が光っていて、ご提案していて楽しかったです。

-----------------------------------------------------------

特殊紙をあまり推していない弊社ですが・・・ご希望にあわせて色々ご提案できますよ!

是非、お気軽にご相談ください!