さて、5/26(日)、亀戸文化センターで千葉支部の定例会を行いました。 

様々な報告と、それに対する質問・意見などを出し合いました。 

 

千葉支部研修会「COST」では、メタ認知とリソースについて学びました。

 いくつかのワークを通して、人にはそれぞれ考え方の癖があったり、直近起こったことに考え方が引っ張られてしまうという体験をしました。

 

MCRの活動において、どなたかとお会いする前のイメージと、実際に会ってみて感じる印象が異なることもよくあります。

物事の断片しか見えていない時も色々な可能性を考えることで見え方や活動の幅も広がりますし、訪問サポーターからの視点で今まで見えてこなかったことが見えるようになることはとても大切だと改めて感じました。

 

また、訪問サポーターを初め、MCRの活動で出会う多くの方々のリソースが、お互いに繋がる糸口になったり、活動や考え方の広がりに繋がることを学びました。 

活動以外にも、自分の強みや自分を幸せにしてくれるものを知り、何かネガティブなことがあったときに役立ていきたいと思いました。