最近流行っているハリウッドの住宅傾向 | アメリカ不動産投資で楽ちんリタイアメント
March 26, 2015

最近流行っているハリウッドの住宅傾向

テーマ:現地リポート
昨日は数件まとめて物件をみてきました。
そして今日にはそのうちオファーを3件入れました。

見てきたエリアはウエストハリウッド、シルバーレイクエリア。
この辺りはHIPSTERといわれる人たちの集まるおしゃれなエリア。

ヒップスターとは、ムービープロデューサー、かけ出しアクター、アクトレスなどのムービー、TV関係者、ヤングエクゼクティブなどの層をさします。

カフェやバー、レストランにも歩いて行けるという条件が最高に好まれます。
アーバンライフスタイル兼ビーチも近いという点が人気のポイント。
更にはハリウッドという土地柄セレブもゲイもレズビアンもその辺に歩いているのでOCと比べるとかなり刺激的かも。笑

この辺りのはやりはもっぱらモダンスタイル。
この手のスタイルはここ2-3年くらい定着しています。
私たちも何度かこの辺りではフリップをしていますが物件の目の前の家の人はカントリーシンガーだったり、子供用TVプログラム(ニコロディアン)のプロデューサーがお隣さんだったりとユニークな環境でした。

更に、少数の中小デベロッパーが最近やり始めたプロジェクトはこんな外見です。


使われている資材もコマーシャル(商業用)に使われる資材を取り組み、建物自体にお金はかかっていない様子。

ヒルの多いこの辺りでは使いようがない土地が結構あります。坂ばかりの小さい土地などは運用制が少ないことからあまり売れません。

でもそういった土地の難点を生かして土地を買い、できるだけ建ぺい率ぎりぎりで物件を2件建てます。

ちなみにこの案件は土地を$300,000で買い、建物を$800,000くらいで2軒完成。
なんとこれ、1軒は$995,000で、もう1軒は$945,000で売り出してから7日目で完売しました。2軒で約$2,000,000です。

そう、ウエストハリウッドってこんなところなんです。

内装も見てきましたのご覧ください。
使っている資材などはだいたいどこで買ってきたのかは想像つきますが、別に高級素材を使っている訳ではなく安くてもうまく見せるコツをわきまえているんですね。

まずは玄関を開けるとそのまま階段。1階はガラージだけですからね。。。

2階がリビングスペースになります。
オープンコンセプトなリビングルーム



各部屋はとても小さいという印象ですが天井がめっちゃ高いのであまり気にならないといえば気にならない。。。。





マスターシャワーの天井はこんなに高い!
なんかちょっと異様な感じだけど。。。。。ヒップスターにはいいのかしらね?



キッチンはこんな。
商業用冷蔵庫はマスト。
このあたりの人達はホームパーティーしょっちゅうやっていますからね。
冷蔵庫は大きいにこしたことはありません。。。

キャビネットもこういう”シャイニー”な感じのマテリアルがうけています。
ラッカーフィニッシュっていうんですけどね。私好みではありませんがクリーンなルックスはつくつことができます。



庭はホント、猫の額という感じですがコンクリートむきだし風がいいんです、最近は。
これにナチュラルな木のエレメントを入れてカラフルなクッション、みたいなのが流行っています。



独身貴族なヒップスターは完全にシンプル性を求めるモダン派ですね。
今ウエストハリウッドではこういう物件やフリップが本当に多いですが需要があるだけに建てても建てても買う人がいる。。。。

きれいな物件を見た後は又リアリティーに戻ります。。。笑
で、私達が気に入ってオファーをいれた一軒はこれ!
じゃーん!!



これもヒップスターお気に入りのデザインコンセプトで建てなおしますよ!
オファー通れば、の話ですが、、、

まーでもハリウッドはいついっても万年渋滞。。。



車の多さと道の狭さに息苦しくなりそうです。。。。
有名どころ、チャイニーズシアターもこの通り人だらけでした。。。



LAにいると早くOCの田舎に戻りたい~と思ってしまう田舎志向の高い、ヒップスターになりきれない家族持ちの私の意見。。。笑

フリップをするときに考えなければいけないデザインポイントはそのエリアの流行をしっかりキャプチャーすること。私好みでないから、、という考えは持たずにエリアの流行にのっとることが大切です。










アメリカ不動産投資の優子マックマーンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス