10代から始めたいアメリカ不動産投資 | アメリカ不動産投資で楽ちんリタイアメント
February 26, 2015

10代から始めたいアメリカ不動産投資

テーマ:サクセスマインド
これからの時代はグローバル化、国際人になろう。

というフレーズをいたるところで見かけます。
でもこの国際人ってどういうことを言うのでしょうか?

日本以外で通用する人っていうことであれば絶対必須なので英語力。
日本人はこの部分が非常に没落しています。

あれだけ英語教育があってあれだけ英語塾があって日本にいながら英語がペラペラという人、殆どみかけませんね。
しかも日本は世界でも優秀な国の一つとして見られていますがまず、英語ができない。
先週の日曜日、オスカーを見ていました。アメリカ以外の国からオスカーをもらっている外国人のスピーチは皆英語。過去に日本人でオスカーを受け取った人の映像では彼らは日本語でのスピーチでした。

どうしてでしょう??

日本の英語教育に問題有だとは思いますがこれはきっと変わらないでしょう。
これからの人たちは英語は絶対話せないと損をする時代に入っていると思います。

日本語は日本でしか使われていない言語です。これではいつまでたっても世界と共通な立場に立つことはできないでしょう。外務大臣だって英語できないんですから恥ずかしい事実だと思います。

10代のお子さんを持つ皆さんに是非考えてほしいのは子供をなるべく若いうちに海外へ送ること。自分はもういいのですがお子さんくらい英語ができるようにしてあげたいものです。
ましてやこの先成長していない日本で一生過ごしていくのは大変です。

海外へのオプションを持たせてあげること、視野を広げ世界を見れるようにすること、又世界中にあふれている情報を通訳なしで英語で理解できるようにしてあげること。

世界中の情報は日本に入ってきて翻訳されます。翻訳は直訳ではないので内容の半分もきちんと伝わっていないことが殆どです。そこで一度フィルターが入ってしまって例えばアメリカ人が読んだ情報は訳されるとその半分くらいの内容になってしまう=情報を無駄にしていることになるのです。

又10代とは脳がまだまだ柔軟です。たくさんのことを吸い込む力、又それを自分なりに分析していく力がついている年齢です。私達親世代が思うより物凄い速度でそのプロセスは行われるのです。

日本では子供やティーンへのお金の教育はまだまだ少ないです。でも生きていく上でこの常識って一番大切ではないかと思うのです。こんなの大学でだって教えていません。

不動産投資も40代で始めるのと10代で理解しはじめるのとでは将来とても大きな開きがあります。10代では実際に投資をしなくてもコンセプトを十分に植え込む良い時期です。

10代の子供たちの可能性を最大に引き出すことは親の意識にもあると思います。
自分ができなかったことを子供に託すのではなく子供たちの将来は日本より海外へ出れる能力のある人間が本当の国際人として成長していくと思っています。

日本が近いうちに又経済大国になるであろうという予想は残念ながら見られません。
これから先の長い子供たちにはおおいに海外へでて活躍してほしいと思います。



最近日本で若いお子さんを持つ方々より似たような問い合わせを受けたので今回は私の考えをブログにしてみました。参考になれば幸いです。

アメリカ不動産投資の優子マックマーンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス