ブリヂストン RS10 インプレッション | mc-KaZ Tyre shopのブログ

mc-KaZ Tyre shopのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:



昨日(5日)雨が降っていたが、新しく装着したタイヤのフィーリングを試したく


ウエットパッチが残っているかもと思いながら道志道へGO!


お店を出て甲州街道、若干車高が高く感じる。フロントで1.5mm、リアは2.5mm。


まだタイヤが揉みほぐれていない事もあり、切り替えしで少しばかり重たさを感じる。


道志道までの一般道を走っているうちに違和感は無くなる。


今までのR10(レース用)タイヤにくらべ、荒れた路面のギャップではゴツゴツして


いたが明らかにマイルドである。乗り心地はGood!


新しいタイヤは滑るので皮むきをかね、少しずつ確認しながらバンクさせて行く。


道の駅到着。 走って来たばかりのタイヤを確認し、来た道を少し攻めてみる。


走りながら一番強く感じたのはフロント、リアたいやの接地感である。シートを通して伝わってくる


感じ、これがバンクしている時の安心感に繋がっている。


感覚を文章にするのは、文才の無い私には無理があるので興味がある方はお店でゆっくり


語りましょう。


楽しく乗れるタイヤに成っていると思います。





新品タイヤ残溝 フロント(3箇所平均) 約4.0mm リア(3箇所平均5.0mm)


約160Kmの走行では摩耗数値は計測できず。(あたりまえ)


次は高速走行をしてみます。



kazさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス