デリケートゾーンケアと思うと日本人は恥ずかしいと思いますよね。

でも本当に向き合わないといけない事実なんです。

海外では女性の性欲も当然
健康のバロメーターとしてデリケートゾーンケアは推奨されています。

性行為をすると子宮が痛くなる

そんな悩みも女性には多いと知ってましたか?


生理痛が若い時からあるのは要注意

そんな為にもあるデリケートゾーンなんです。

中学生の時に生理が始まってもまだ子供

どんな風に子宮を守っていいのか、どれが健康な状態なのかも分からない。
だから親が生理が始まったらデリケット習慣を教えてあげて欲しいと心から願っています。

子宮も歳をとって、排卵しなくなる事は事実
私もそうです。
子供が出来なかった私は、生理痛も激しかったし、偏った食事もしていたし、生理用品も体に悪いと知らなかった。

腕の内側が1の吸収と考えると子宮は50倍の吸収となります。

だからこそ悪い物は1つも入れて欲しくない。

だからデリケットは体に悪いとされる添加物、防腐剤も無くして、悪い菌だけを除外する様に作りました。

子宮の健康のために

そしてもっと大人が子供の子宮を守る事を教えてあげないとと思いました。

子宮の活動は思ったよりも早く終わってしまうから。