整形しました?

そんな言葉を聞いてとても怒ってた時があります。

休みなく働く私にどこにそんな時間があるんだと。

何も変わっていないと。

でも次の取材にあたり、過去をさかのぼる為にアメブロを読み返すと整形したと言われても仕方がないなと思います。

そして私の心にも変化があった事がよくわかり、色々な出来事に感謝

今はその言葉すら褒め言葉に感じます。

2011年^ ^38歳の時

まだ個人サロン経営の時で、アクセサリーも嫌いで化粧も眉毛とリップくらい

人からどう思われるかに関心が全くなく、自分のライフスタイルを100%楽しんでいた時。

一番男っぽい時代でした。

2012年39歳

この時はえみちゃんを雇ってサロンを展開

少しオーナーとしての威厳を見せたくなったのかアクセサリーをつけています。笑笑

痩せているけど田舎臭さの残る時代

ノンエフが出来てとても忙しくなった40歳

芸能人とも交流するようになり、服装に気を使う様になったけど、髪の毛のボサボサ感に失望

芸能人のプロの美容を目の当たりにして自分の上部だけの努力に恥ずかしくなっていた時代

 

IMG_20150228_163928.jpg

グラミー賞、アカデミー賞を初めて経験した41歳

日本人の魅力をぜひアカデミーのパーティーでもと思い着物ドレスとパールで挑む位のお洒落アイデアが目覚めた時代

でも顔のプクプク感が許せない1枚となりました。

こんな大舞台で自分の努力が足りていないせいで残念な1枚になったことを凄く後悔しました。

 

中からのケアにも注目して、ライブフードを上手く食生活に溶け込ませて全身を若返らせながら絞った42歳

ここから自分がどんどんと好きになってお洒落にもどんどん興味が湧きてきました。

自身を少し持出た事で交流の場にも参加する様になり、沢山の良い繋がりが出来た43歳

ビジネスの幅も交流関係も広がり、調子に乗ったのか化粧が濃かった年でした。笑笑

image

そして昨年

トータルで美しくなりたいを真剣に思えた年

この年は色々な決意が固まった年

これまでにも公人になる話や、雑誌に登場する話など沢山頂いていたのですが、アトピーがいつ酷くなるかもしれないから嫌!食べたいだけ食べたい。生理前は太るから嫌。シミが気になるから嫌。つまり自分でも完璧でない自分に嫌気がさしていてそれを公表したくないと本気で思っていたんです。でも美に対して本気で向き合えない位にルーズな生活。美容家として失格の時代


今は好きな物を食べて良いのは週末で、普段は体に良いものを8割、好きな物を2割としています。


もちろん辛い時もあります。

でも今日よりも綺麗になっている自分が鏡の前に立っていると想像する様になってから心が落ち着く❤️


お洒落をする度に掴むチャンスが多くなっていく。


2018年はもっと凄い経験が出来るチャンスを掴む美的センスを体で表現していきたい。


今日よりも明日の方が美しく自分でありますように