微生物が喜ぶこと

テーマ:
昨日はまことクリニックの清水先生にマッコイまでお越し頂き社員に向けて勉強会をしてもらいました。
1時間のはずが2時間半もしていただきました。
本当に勉強になり、医療はいつもアップデートされていることに気づかされます。
これまでの常識が新たな発見により非常識になる。
山口トレーナーもおっしゃってましたが、情報は変わる。だからこそ毎日勉強する。
GTAを立ち上げて、取り組みの初めには社員勉強会をします。
皆の美容や健康に対する意識がj非常に変わってきたことに気づきます。
 
{EA242383-B23F-4982-B810-079DF0D47170}
さて前のプログの続きですが、
水素を出してくれるのは腸内細菌です・
この腸内細菌さんたちに有益物を出す材料を与えてあげないと水素を出してくれなくなります。
それが「食物繊維」です。
 
食物繊維の多い食材の中にご飯やパンがあったのも驚きです。
 
そして腸内細菌を活性化させる為にも食事の際のルールがあります。
 
「最初の一口目は魚介類を食べる。」
 

しかも海洋性たんぱく質を食べるのがベストだそうです。

 

その一口目を口で咀嚼すると口の中に存在する多くの細菌とまざり、食道を通って胃に通貨するときjに菌と混ざり合った海洋性たんぱく質はいたるところにあるレセプターというスイッチをオンにします。

 

今から食事をしますという合図のスイッチでインシュリンを沢山だします。糖尿病の人にもとても有益な情報で3年前に発見され、今は沢山の研究がされているそうです。

 

そこからダイエットをしたい人は野菜を取ると、今はやりの言葉でいう痩せ菌が増えていくのです。

 

スイッチをおさないとどれだけの野菜を食べたとしても無機質なものとして判断されるので、最初の1口目は海洋性が大切なカギとなります。