0.5円貸し営業IN竹ノ塚 その② | 【第二章】MC OSMAのいつの日かNO’1宣言
2008-08-15 23:17:16

0.5円貸し営業IN竹ノ塚 その②

テーマ:ブログ

こんばんわ♪ MC OSMAです。


なんか前回の記事読み返してみたら

好き勝手書いてるなぁ!と。


あくまで個人的見解なので・・・。(汗



では続き。



■店内モチーフ

⇒謳い文句は

 『小銭で遊べる0.5円パチンコ』

 店内外のポスターやPOPなどにも大きく記されていました。


■装飾

⇒昭和モダンのイメージで統一。

 古き良き昭和のイメージを地下フロアに続く階段から演出。

 

 貼り物の中には

 『50銭で出来た事を教えて下さい!』と書いたPOP。

 ・1893年頃(明治)の大工さんの手間賃は1日50銭くらいだったそうです。

 ・1918年(大正)の米騒動は米一升(1.5Kg)が50銭くらいになった事で

  騒動になったそうです。

 などなど。

 50銭で出来る事を、置き換えて表現。


■設備・景品関係

⇒サンドは勿論、0.5円に対応していないので島端にある玉貸し機にて玉を借りる。

 スタッフに100円渡せばその場で200玉くれます。

 いった時は、玉貸し機に長蛇の列・・・。

 多分、トヨから直接蛇腹を通して出しているので、玉のスピードは遅いですね。

 1円パチンコ実施店でも見かけますが、案外イライラするかも。。。

 P-ARK様では灰皿・椅子を設置し待てる環境つくりはしてありました。

 殆どのお客様が500円玉を入れて、その場を離れてましたが・・・。


 あと遊技してみて1つ感じた事は、台カウンターの狭さ。

 京楽の台などは出っ張りが他機種よりも大きいので、玉を箱に移した際

 手前側に玉を集めて置いておくと多分倒れます。

 きちんと箱が台カウンターに納まってない・・・。


 景品関係に関しては1円のノウハウで十分通じるのかな?

 昭和モチーフなので駄菓子も豊富に用意してあり、飴などの量り売りも実施。

 日用雑貨・衣類・生活用品と多様な品揃えで問題無しですね。



とまぁ、こんな感じです。

全然伝わってないと思いますがww


低貸し玉のパイオニアが更なる顧客の獲得を図る為実施してきた『0.5円スロット』


ちょっとここまでの思想は現段階で自店に反映させられるか?と聞かれたら多分無理。

というか、この考えは全くナイです。


でも、一石を投じたこの営業手法。

遊技人口・遊技年齢層・商圏の確認・告知方法


色んな事がマッチすれば考える事が出来るかな?と。


でも現状は


P-ARK様だから出来た!


コレに尽きる!


まだまだ勉強していきます。

お盆終えたらもう一回行って見ます♪



明日は、台風ですか・・・・。(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)   

電車が止まらない事を祈ります( ・人・)





じゃ!また!(。・ω・)ノ゙

mc-osmaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス