リスニング勉強法

テーマ:

リスニングの勉強方法って難しい。


私の大学受験時代はまだリスニングって必須じゃなかった。

一応授業ではあったけど、バリバリ進学校の授業にアップアップだったので

自分の受験に必要ない科目はほったらかしでした。

大学入って、英語の勉強をし直した時にやらなければならないとおもってやっと着手。

でも、最初に買った「はじめてのTOEIC~」の本やさっぱりわからず。

面白そうな教材だったのにいくら聞いてもチンプンカンプンで凹んだ。


英会話学校に行きつつ副教材のCDを必死できいた。

それでも自信なかった。

英会話学校のセルフスタディ教材として先生がすすめてくれた薄い小さい本があった。

一日分も一ページしか内容な本。

スクリプトの内容理解と重要例文のディクテーションというような内容だった。

先生の採点サービスもついて一万円ぐらいだった。

当時の自分には高かった。


騙されとおもってやってみたこの教材で以外にもリスニングがわかり始めた。

その後受けた英検準二級、二級ではリスニングはほとんど満点だった。

いい気になって受けたTOEICで惨敗。

さらにステップアップをはかろうとCNNに手を出した。


ナチュラルスピードに慣れてなかっんだと思う。

ぜんぜんわかんない。

単語もわかんない。

語彙は特に受験時代から毛嫌いしていたこともあって苦手だった。


今ほど整理されてなかったネットの世界を検索しまくってあるサイトに行きついた。

今探してもないみたいだけど、ある方の英検二級から一級取得までの体験談を書いたものだった。

当時はまだ広告的なサイトが少なくて個人で作ったと思われるページだった。

そこにあったやり方がこれ。


CNNダイジェストを使って

①聞く

②シャドーニング

③語彙チェック

④音読

⑤ディクテーション


当時難しくて一か月たっても一か月分の雑誌に載ってるダイジェストが終わらなかった。

ディクテーションとシャドーニングなんて神業だと思った。

半年ぐらいたって、受けたTOIECでリスニングだけが50点以上おそらく100点近く上がっていた。


わからないなりに効果はでていたらしい。

最近、NHKラジオで似たようなやり方をしていて驚いた。

NHK攻略リスニング


結構、理にかなっていたのかな。


やり直し英語もやっと追い付いてきたので、しばらくこのやり方を続けてみます。

昔より楽にこなせるのは、少しは成長したのかな。

検定で結果が出るほど目に見えてくれているといいのだけれど。(←怖くてうけてない。)