アメーバーピグが終わるという記事をみて、

あんなに夢中だったピグのお庭や部屋を見に行き、こんなの私が作ったの‼って驚き、

夜中まで夢中になって部屋を模様替えして、寝る間も惜しんで畑を耕していたことを懐かしく思い出しました。今まで放置していたにもかかわらず、寂しいし…汗

 

もちろん、ブログをほったらかしていることにもなっていて

前回から早3年が経っています...

 

その間、娘はというと...

小学校1年生の時、1型糖尿病を発症して入院生活を1か月ほどしたわけですが、その間に栄養指導とか受けて母子ともども勉強したんです。

、・・・で、その時から管理栄養士になるのが夢となり、現実に近づくためにその道の大学に進学しました。現在大学2年生になりました。

スポーツ選手の管理栄養や企業さんに努めるとか、いろいろ道はあるようですが、希望はやっぱり、病院の管理栄養士!

自分が1型糖尿病だということを強みに変えて同じ境遇の人の助けになりたいと、

そういっております!

 

もちろん大学に行くということは、親元を離れるということになるわけで、一人暮らしをさせることにとても不安があるわけですよ!

一人で起きれるか?はどこの親でも同じですが、よく夜中に低血糖を起こす娘が、朝目覚めなかったら、動けなかったらどうするの...とかね。

・・・で、大勢の人がいる、朝、夕食事つきの学生寮(色んな大学の人がいて食事は食堂、トイレ、風呂、洗濯は共同、)にしました。

これで、私の不安は軽減された訳です!

でも、娘曰く、学生寮にずっと住み続ける子はいない!らしいです。ながくても2年とか。

現在2年生の娘は、調理実習も多く課題にもなるので、お友達のアパートで練習させてもらったりしてたり、寮母さんが変わったことで、規則が厳しくなったりで一人暮らしがしたいとばかり言っています。

そんな時、春からこの学生寮の系列で娘の大学の近くに新しく学生寮とアパートを組み合わせた学生寮ができるというので、さっそく見学に行き、申込みしてきました。

アパートと同じで、各部屋に風呂、トイレ、小さなキッチン、がついているし、その上共同に使える大きなキッチンがある!食事は共同で食堂で食べる。もちろん、家具、電化製品付。

規則は緩い!ウシシ

めっちゃいい!!!  娘の希望はかなえられる!

春から変わる予定です!   まだ正式な通知がきてないけど・・・汗

 

あ!大学に進学にあたり、かかりつけの病院も変わることに。

前の先生に大学から近い良い病院がないか探してもらい教えてもらいました。

ここがまた、斬新的というのか、おおらかと言うのか今までの私たちの考え方とは全く違っていて「好きに食べて!、A1cもきにしないで!」みたいな・・・

1型糖尿病専門で田舎の病院から見たら最先端の治療も十分わかっている先生なので、私も初めの1回目の時に行っただけで娘と、先生にお任せしています。

たまに、HA1cどうだった?てきくと、7.7%とかそんなん。

けど、全然いいんだって...汗

良いわけないやろと思う私なので、8%台にならないように気つけて!って私から注意するくらいの今日この頃です!ウシシ

 

こうやってブログ書いているとその時々にしっかり細かく書いておけば良かったと反省汗

 

また、その時々のこと思い出して書いていきたいと思います!ニコニコ

 

 

 

 

1年半ぶりの更新になります。

小1で発症して、現在高校二年生になった娘。

 

小学校の頃はHbA1cも5%台で落ち着いていたのだけど

中学校に入り6~7%と徐々に上がってきて・・・

 

皆さんのブログ読ませていただいて思春期にはひどくなるとは

覚悟していたものの、

8/31日の診察日には過去最高8.8%叫び

 

これが、血糖値の数字を見ても、なんで?????

 

食事の量やおやつの量を話してもなんで?????

 

って主治医も首をかしげるばかり・・・うーん

 

中学生の頃から自分で管理するようにさせ

食事やおやつに対してのインスリン量は本人にまかせ、

管理ノートも自分でつけさせていたのですが・・・

 

これがね・・・

思春期の娘には面倒な方が大きくて

 

注射の針はあまり変えない・・・しらっ

消毒はしない・・・

おやつの時血糖値を図らず食べた量のインスリンを打つ・・・

休みの日は昼まで寝てる・・・

夕飯食べると寝て、夜中に行動する・・・

管理ノートは診察前にまとめて書く(ずれて書いてることも・・)

 

・・・とまあ、ずぼらな感じになってるのは確かなんです。顔

 

でも、これでHbA1cがこんなに上がるのかな・・・

 

ご飯の量なんて、50gしか食べないんですよ。

間食めちゃくちゃしてるわけじゃないのに・・・ガックリ・・・

 

?????主治医となんでかな?って話してたら

 

鉄分の不足とかも考えられるから次回検査しましょう。

ですって!

 

こういう事って、よくあるのかな・・・はてな

 

将来の事考えると怖くなるので、早く原因が分かるといいな・・・。

 

そうそう、

やっぱり不安な時って皆さんにお話し聞いて欲しくなるものですね。

今まで順調にきて、そんな時はブログを書くネタもなかったけど

ちょっとつまずいている私です。ブルー

 

先日の出来事。


医療・福祉・介護・年金等・総合的対策の実現に向けた国会請願署名に協力をしてもらおうと、ヨガ教室で一緒に習っている人達にお願いをしました。


たいてい

何の署名?って聞かれるのは普通です。


「難病や長期慢性疾患をもつ子供たちへの支援、成人期対策の充実のため」


これでは、わかりにくいので

「実は娘が1型糖尿で1日4回のインスリン注射をしています。一生注射は必要です。今は補助がでるので医療費も少なくて済みますが18歳?20歳?くらいで切れてしまうので一生涯お願いするための署名です。」

ってとこまで掘り下げて説明します。

皆に言いふらすのもどうかと思うところもあるけど書いてもらうためにはね。


なのに・・・


書き終わった人が一言


「普段は元気にしてるのにこれって、なんか矛盾している気がする・・・」


って聞こえるようにぼそっと。


      ・

      ・

      ・

      ・

      ・

胸にナイフが突き刺さったまま動けない感じ。



ショック・・・

こう思っている人もいるんだ・・・


嫌なら署名してくれなくてもいいのに…


娘が発症して10年目

初めて、心無い人に出会った。


「注射しなかったら3日で死ぬんやよ」って

言ってやりたかったわ!


何にも知らないくせに゛(`ヘ´#)


バカヤローーーーーーー!




そして今日


月に一度の診察日

小児特定慢性疾患の受診券が新しく更新されたのに

持っていくのを忘れてしまった・・・(ノ_-。)


では、保険で計算します。

1万5千***


えっ!?( ̄□ ̄;)


こんなにかかるんですね・・・

いつも、1か月1,100円でいいんですよ。


持ち合わせがなくて後日小慢の証明を持って

再度行くことにしてもらいました。



めげずに署名運動がんばろう!

こんなありがたい制度。


将来の娘のために

こんなことくらいしかお手伝いできないからね。