香港のあの猫(こ) | 繭むしのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

繭むしのブログ

日々の暮らし、一緒に暮らす猫・・・綴っています。

昨日は香港に住んでいる猫友達のゆみちゃんへお土産だけ渡しに出向いた。
ゆみちゃんは『open the
door』というサロン(美容室)をご主人さまと経営なさっている。
勿論、スタッフには癒し系の猫たちもいる。
お仕事中にお邪魔しに行ったので写真は撮れずにいたが、美猫さんが出迎えてくれて嬉しくなった。
お土産の『にゃろみ』を早速ひとつ挨拶代わりに…。
ゆみちゃん、急なご連絡で失礼な上に、お邪魔致しました。





ゆみちゃんのサロンの下に、『クッキーカルテット』が…。

ここのクッキーは手作りで、とてもシンプルな素材に拘っておる。
もう何年前になろうか。『モーンクリエーションズ』のおふたりの結婚式の引き出物(というのかな?)はこちらのクッキーであった。
とても懐かしく、先日嬉しい頂き物をしたあのお方へお土産でひとつ購入した。











シンプルでモダンな店内。







ゆみちゃんからお土産を頂戴した。
ゆみちゃん、ありがとうございました。
そしてマリちゃん、お会い出来ず残念でしたが、何度も連絡(インスタグラム)をありがとうございました。






宿屋の前、九龍公園からバスで事務所まで。

チョニョク(晩飯)は事務所の近くの海鮮屋へ。
蟹入りの粥が特に美味であった。






宿屋へ帰る途中、いつもの行きつけ足ツボ屋『新健歩足ツボマッサージ』へ。
浮腫きった足を触った担当者が「アイヤ〜」と言った。
身体も重い。
48キロを迎えている現行に「中年体の恐ろしさ」を改めて確認しているこの頃である。





宿屋近くにある飯屋の猫。
飯屋へは入ったことがないか、香港では馴染み猫の一匹である。






やまままちゃんやヤマモモちゃんを彷彿とさせる柄だ。
でぶちんで可愛いが、太り過ぎな気がする。






この後、いつも持ち歩いている『シーバ』をお裾分け。





留守番中の九龍。

シッターさんから「昨日は食欲がなかったようですが、今日は普通に戻りました」と報告がきてほっとした。




今日はデザイナーのキャリーちゃんに会いに『新界』へ。

猫たちに会える事を楽しみにしているのである。