ブラジルの現地校の新学期は1月末スタートの4学期制です。

と言っても、1学期と2学期の間、3学期と4学期の間には特にお休みも無く、

翌日から2学期が始まり、教科書が新しくなるだけといった感じです。

小学生になると、1年生から期末テストがあり、毎学期末にテストと個人面談があるので、

それが学期の区切りとなります。

2学期が7月中旬に終わり、そこから2週間が冬休み。

8月1日頃から3学期が始まります。

そして、12月上旬に4学期が終わり、そこから1月末まで長すぎる夏休みです。

本当に長すぎ。

 

↑これは幼稚園の年長の頃。幼稚園でも年長になるとお勉強が多いです。

お庭で遊ぶ時間が週に2回あるのと、音楽とか美術とか化学実験などを楽しみに行っていました。

小学生に上がると、遊ぶ時間も無いし、日本のように15分休みやお昼休みなども無いので、

「休み時間に校庭で遊ぶ」といった流れもありません。

週2回だけの体育を唯一の楽しみに行っていました。

確か、小1までは音楽もあったはずですが、小2になると、週1回だけの「アート」という時間に

隔週で音楽か美術をやる程度・・・それ以外は全部座学のお勉強で、

楽しみと言えば、「ランシェ」と呼ばれる、軽食(おやつ)の時間(それも20分程度)だけの日が

多かったようです。

 

 

ちなみに、そもそも「幼稚園」というカテゴリーが存在しないというか、

そうゆう言葉で区別しないようで、

満2歳から(日本に置き換えるなら、幼稚園が5年保育という感じでしょうか・・・)入学で、

一律「escola」です。

2歳と3歳が同じ教室にひとまとめにされた、「maternalⅠ」 (年少少)、

4歳が「maternalⅡ」(年少)、

5歳が「primeiro período」(年中)、

6歳が「segundo período」(年長)。ここまでが一応、幼稚園のくくり。

7歳が「primeiro ano」(1年生)

8歳が「segundo ano」(2年生)・・・といった感じで、小学生は5年生で終了。

日本の小6に当たる年齢は、ブラジルでは中1となります。

 

で、幼稚園にしても小学生にしても、毎年学年が変わるたびに、

膨大な指定持ち物リストに従ってほぼ全て買い直し・・・

これがけっこう大変。

名前付けも大変なので、日本でネット等でネームシールをローマ字で発注して

たくさん持って行くと便利です。

 

小学生になると、毎日の持ち物が非常に多くて重い(ノートとかいちいちハードカバーだし、

教科書も、百科事典のような分厚さ・・・色々と無駄が多いというか効率の悪い感じです)ので、

みんな、キャリーバッグ(新学期シーズンになると可愛いのがショッピングモールなどで

たくさん売り出されます)に入れてガラガラ引っ張って登校します。

 

それよりも何よりも日本との大きな違いと言えば、

完全二部制というところですね。

午前の部は、朝7時開始の11時半下校。

午後の部は、午後1時開始の17時半下校。

どちらかにしか通えません。

(イパチンガにわずかにいる日本人の子供たちは歴代全員午前の部の生徒です)

 

つまり、毎日必ず子供のお昼ご飯の支度をせねばならないのです。

ついでに言うなら、旦那も月~金のうち週に2回はお昼を食べに一時帰宅します。

要は、私が居た頃は、

日・月・金・土 は家族三人分

火・水・木 は母子二人分 の昼食を用意していたわけです。

 

後に外食事情などについても書きますが、

サンパウロと大きく違うのは、外食する場所が少なすぎる。

あっても、どんなに早くても19時オープン(19時台に入る客なんぞ滅多にいないし、

入っても実際に料理出てくるのは20時近くなる)だから、

子供を連れての夕飯の外食は時間的にけっこう難しいものがあるのだ。

なにしろ上にもサラッと書いたが、学校の始業が7時!早ぇ・・・

毎朝6時半には出ねばならぬ故、5時半とか6時起き。

必然的に早く寝ないと身が持たないわけで。

 

話がずれてしまいましたが、

とにかく日本どころか、サンパウロともだいぶ事情が違って、

気軽にサクッと外食するのもなかなか難しい土地柄ゆえ、

家で食事をするパーセンテージの高いこと。

しかも、レトルトや冷凍食品など、一応あるけど口に合うものは少なく、

おのずと、手抜きとはほど遠い、何でも1から作らないといけない状況での

一日3食ほぼ休みなしの炊事・・・

けっこう大変でした。

日本なら、超手抜きメニューの一つ、焼きそばだって、

まず、パスタ麺を重曹で茹でて中華麺風にして、そこからフライパンでから煎りして

余分な水分を飛ばして一旦取り出しいの、

肉と野菜炒めえの、麺戻しいの、ソース作りいの、合わせえの・・・ですよ。

すごい手間!

 

あ、すみません。学校関連がテーマだったはずなのに、

昼飯毎日しっかり作ってたストレス思い出して愚痴になってしまいました。