初めての方はこちらをお読みください。

日本英語検定協会から、下記のお知らせメールが届きました。

この度大学入試英語成績提供システム利用型英検である「英検2020 1 day S-CBT」の2020年度申込受付の日程を公開いたしました。

2020年度第1回検定、予約申込受付開始は、
2019年9月18日(水)16:30から
予約申込受付締切は、
2019年10月7日(月)17:00です。」

いよいよ予約がスタートするのですねびっくり

にほんブログ村 受験ブログへ

もしも、民間試験で英検を使う場合、何級で予約したらいいのでしょう?

有名国公立大では、東大・京大・阪大・九大などがCEFR A2 を出願資格としていて、A2は英検準2級レベルです。

ミヤビは中学時代に準2級を取得していますが、過去に受験したものは使えないため受け直さなければなりませんショボーン

受け直しをするとなれば、せっかくなので上の級を…と思ってしまいますが、例えば2級を申し込みして合格できなかった場合でもCEFRスコアが準2級レベルに達していれば出願に使えるということでしょうか?

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ


民間試験は出願資格として利用されるだけではありません。
国公立大学では、筑波大は加点方式になります。CEFR C2レベルで20点、C1レベルで10点、B2レベルで5点の加点です。

1点差で合否が決まる受験で、20点の加点は大きくないですかびっくり!?

C2レベルは最上級で英検1級より上?らしく、IELTSなどでスコアを取得するしか無さそうですが、B2レベルの5点だって大きいですよね…。
ちなみに、B2は英検準1級レベルのようです。

一方で、北海道大、東北大は今回は出願要件とはしないとのこと。

もしも志望校が東大や東北大で、とりあえず英検準2級レベルあれば出願できるからそれでいいや…にやり と考えていたけれど、急に筑波大を志望校に変えた場合!!
「しまったアセアセ 加点があるならもっと上の級を狙うんだった。」
ということにはならないですかね?

私大では慶応大は外部試験を利用しない、としていますが、立教大は大学独自の英語試験を取りやめ外部試験に移行することを発表しています。
早稲田大は、学部によって換算利用があるようです。

大学によって、学部によって利用方法が異なりますから、「加点・換算のある学校を受けるかもしれない」前提で、より上の級を狙っていくことが必要になるということなのか??

にほんブログ村 受験ブログへ

その上、まだ外部試験をどう利用するか発表していない大学もあるみたいですよねキョロキョロタラー

今月中には発表されると聞いておりますが今後何があるか分からないですし、英検の予約はギリギリまで待った方がいいのでしょうか…?真顔

それとも、「何級」ではないスコア方式の他の民間試験の方が幅広く使えるのかな?

う〜ん…もやもや

★ランキングに参加しています。
よく分からないから、とりあえず様子見よう…。
下矢印応援、よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 受験ブログへ