イチロー選手の最後の試合に立ち会いました。


さほど野球に強い関心を持ってこなかった私がこの瞬間に立ち会うことになり、全身の毛穴で呼吸するような気持ちでした。



{2EB8D67B-B536-48DC-B519-BF688618A30E}


{28186D1B-C684-4D3F-80F7-838C46F03DE4}


{FE62E385-0DC0-4EF8-B919-2F818DABBF89}


神々しく見えました。


球を打ち、取って、投げる。


団体競技でもあり、個人競技でもある。


身体能力の差の大きいアメリカのメジャーで、自分の身体の感覚を研ぎ澄まして毎日のトレーニングを積み重ねることで様々な記録を達成してきた人。


どこか不器用で、無邪気で屈託のない野球少年になれない繊細さがあり、その繊細さが、おそらく身体の微妙な声をキャッチして、パワーとは違う力に変えてきたのではないかと感じました。

 

インタビューでは、野球が楽しかったのは最初の3年くらいで、その後は実力以上の役割を期待されて、やりがいはあったけれど苦しかった。楽しんではいなかった、というような話をしていました。

 


アーユルヴェーダのドクターも、以前同じような話をしていました。


20年以上アーユルヴェーダのクリニックで診察をしてきて、クライアントさんの精妙な身体の声を聴くには、いつも自分を整えていなければならないという重圧があり、それはやりがいではあったけれど、仕事を楽しいと思ったことはない、というお話をされていました。


 

先日、そのイチローのインタビューから派生して、興味深いお話をしてくれる方がいました。

どこに根拠があるのかわかりません。

だから、それぞれがご自分の判断で受け止めてください。

 

その方のお話は、こういうことです。

 

「今までは、イチローのように、プレッシャーや壁や障害や高い目標があって、それに向かって努力して、苦しみながら一生懸命努力して、何かを獲得したり賞賛されたりしてきた。その努力が人を成長させてきた。


けれど、これからの時代は、たとえば、いまそのままの服装で、くるくると回転した踊りが美しいとされる時代になる。その人のありのままの姿を美しいと感じる時代になる。壁や障害を苦労して乗り越える必要がなくなる。競争もなくなるし、嫉妬もなくなるから争いもなくなる。そのままクルクル回るだけでよいのだから。その代わり、成長もなくなる。ありのままでよいのだから、成長するために努力する必要がなくなるよ。


どちらの時代がよいか、人類のためによいか、と言う話ではないよ。


何万年ぶりに、そういう縄文時代のような時代がしばらく続くようになるよ、ということ。


また、何万年もしたら、成長するために努力するような時代が来るかもしれないけれど、それはずっとずっと先のこと。


いまは、その変換期にあるからね。もし、成長したいと思ったら、完全に時代がシフトしてしまう前に頑張って成長するのもよいかもしれないね。

新しい時代になったら、成長はなくなるからね。

成長したり、努力したりしなくても、楽しく生きる時代が来るよ。


たんたんと、自分のダルマを生きるだけの時代になるよ。」

 

不思議な話ですが、そんな時代のうねりを私も確かに肌で感じています。


 

大野くんが存分に絵を描いて釣りをしたいと思ったことから嵐が活動休止する

昭和平成を生きた方々が亡くなり

日本の野球選手がメジャーで認められるまで活躍したイチロー選手が引退し

若い感覚の人たちが新しい活動をはじめようとしている

若い人から学び続ける大人は新しい時代を一足早く泳ぎはじめている

苦労と力で制しようという昔の教えから離れられない人は空回りしはじめている

 


型や知識を覚えて評価されることや苦しみながら成長することが不要となり

ただ、そこにある自然、生き物、フォルム、色を感じて無邪気に五感で心地よく楽しむだけの時間がやってくる。

このパラダイムシフトのうねりをどう生きるか。

 

この時代の変換、転換に立ち会う私達は、試されているようにも思えます。


いち早くそれをキャッチしている人たちは、アンテナが鋭い。


アンテナを鍛えるには、自分という自然に学ぶこと。


自分が感じる「楽しさ」「美しさ」「心地よさ」を自分にとっての道しるべとすること。


自然からエネルギーをチャージすること。


これからは、自然そのもののような時代になってゆくからです。



私のダルマ(純粋意識)


 

私のダルマチェックでは、今年一年は9段階中の4段階で


火=変換の時期でした。


テーマに沿った活動の環境や人間関係の転換や変化を求めて、昨年は世界中を移動した一年でした。

 

おそらく、私は次のステージに移行し

次は、風=丁寧に活動を進める

というステージです。

 

楽しく、あるがままの私で丁寧に活動を進めていきます。

 

  1. 意思=テーマを持つ
  2. 土=テーマに沿った活動の素材を集める
  3. 水=活動内容が具体的に決まり繋がり、進み始める
  4. 火=活動に転機が訪れる
  5. 風=丁寧に活動を進め
  6. 空=内側を浄化し
  7. 心=新しい知識を学び
  8. 理知=ありのままを見て、判断し、決断し、実行する。
  9. 自我=達成を受け取る

 

こうして9段階を経て10年くらいの間に一つのダルマを達成し、その後また新しいダルマのための①意思の時を迎えます。


私は、たぶん、202223年には今のダルマを終え、次のダルマの意思の時へ向かうような気がしています。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



【表千家茶道教室】

月曜日 11時〜21時
火曜日 18時〜21時
土曜日 10時30分〜14時


【ビジネス茶道】
日本橋コレド室町3 橋楽亭

2019年4月25日(水) 18時30分〜20時30


【アーユルヴェーダ料理教室】

2019年3月27日(水)10時30分〜16時00分
「春のアーユルヴェーダ料理」


【植物時間〜植物を味わう時間〜】

2019年4月9日(火)14時00分〜16時00分
「春小花で春まつり」

お釈迦様のお誕生日をお祝いします
アレンジメントで味わう→言葉で味わう→ハーブレメディで味わう→お抹茶とお菓子でわ味わう

2019年5月15日(水)
「大人の遠足」
ふじみ野駅集合→自然を感じながら散歩→そらいろカフェでランチ→ハーブのブーケ作り→お抹茶


→お問い合わせ・お申し込みは

こちらへ