50才の誕生日を迎えて | 水上繭子*表千家茶道・大人になったら始めたい いのち目覚める暮らし教室・植物療法ジェモセラピスト

テーマ:

先日、誕生日を迎えました。


50才のお誕生日です。



{1B15AB59-2123-40B8-BB2E-F31D6FEB4FB2}

 

その日の午前中は会社の決算をするために、税理士さんのところへ参りました。


一昨年、勢いで会社を設立しましたが、今のところ法人であるメリットよりもデメリットの方が多い状態です。


ある人から「とにかく絶対会社にした方がいいから!」というアドバイスを受けて、面倒な手続きと費用を投入して設立したわけですが、今思えばその人は会社設立する時のメリットとデメリットをよく説明されませんでした。


でも、そのアドバイスを信頼して設立を決めたのは私です。


そこに後悔はありませんが、では、今後どうするか。


今期で、会社を辞めてしまう道も考えましたが、税理士さんとご相談して、もう少し様子を見て頑張ってみることにしました。



 

午後は川越へ行ってアーユルヴェーダケアを受けました。


スタッフの方が作ったという、栗のシナモン煮をいただきました。


{1CB39C2B-D0D0-4899-B4F6-E50C2FEA0CFE}


明美さんがお花を届けてくれました。



{CEE16B9E-ABA9-4723-A4E1-477DB6C4BD6F}


夜は、地元の『明日香』で家族にお祝いしてもらいました。


{62AFD97D-2FBC-485E-86B8-580A25FC511E}

 

それぞれ自分たちのペースで生活する家族が、珍しく連絡を取り合って、いろいろサプライズを仕組んでくれていました。


明日香の美味しい食事を食べ、娘の合図らしいもので、お店の方が持ち込みのケーキにろうそくを立てて持ってきてくださいました!!


ケーキは自宅に帰ってからと思っていたので、びっくり。


そして、さらにサプライズのプレゼントがもう一つ。


なんと!!


{31E23434-DBA2-439B-859F-45425FEA775B}


プレゼントは数日前に届いていたらしい10年前に書いた手紙でした。


娘たちが、6才、9才、11才だった年の夏休み、明治村の郵便局で「10年後の私に手紙を書こう」というお手紙を書いて投函したのでした!


そんなものが届くとはすっかり忘れていました。


みんなでドキドキしながら開封すると、

長女は長女らしい手紙

次女は次女らしい手紙

三女は三女らしい手紙が書いてあり、大爆笑でした。


ああ、かわいかった。

いつも時間と持ち物と宿題とスケジュールをこなすことに、急かして急かして、親として未熟すぎて泣いたり怒ったりして、大変大変と言いながら子育てしてきたような気がします。


でも、ああ、毎日こんなにかわいかったんだなあ、と思い出しました。

 

私も三人の娘たちに手紙を書いていました。

 

笑って笑って笑いながら、たぶんみんな目の奥の方で泣いていました。


私は泣きそうで泣きそうで笑っていました。


二度と戻らないあの時と同じように、今、ママの50才の誕生会で笑っているこの時間も、二度と戻らない、「いま」は通り過ぎてゆく。


だから、大事に噛みしめないと。


そう思って、みんなで笑っていました。


 

おふざけで、やんちゃな三人小僧がお店の掘りごたつに入り込んで写った10年前の写真と同じ写真を、窮屈そうに撮りました。

 

「また、今年みんなで明治村にいって手紙出したいね」

その手紙が届く時は私は60才になります。

 


ああ、いいなぁ。

10年毎に家族からの手紙が届く。


きっと、何回目かには、もう会えなくなったママから家族に手紙が届くことになるだろうな。


今年また明治村にみんなで行けたらいいな、と思っています。



 

子ども時代は次々と課題があって

小学生から中学生

中学生から高校生

大学を出たら社会人になって・・・・と

いつも先に向かう道がありました。

 

社会人になり結婚すると

子どもの成長がまた次々と新たな課題となり、目の前のことに夢中で走ってきました。

 

それぞれに悩み多い子どもたちではありますが、なんとか私がいなくてもみな生きていけるようになってきました。


身の回りのことが何もできなかった夫も、不良主婦の私のおかげで、洗濯、食器洗い、買い物、簡単な食事、クリーニング、郵便物、新聞、回覧板‥いろいろできるようになりました。

 

さて、これからの私の人生後半戦を、何のためにどんなふうに生きるのか。

 


・・・・・・・

 


考えても考えても、結局「いまを生きる」ことしかできないのかもしれません。


 

若い頃は、「死ぬ」ということは「自分が生きられない」「やりたいことが出来なくなる」のが悲しいのだろうと思っていました。


でも、最近は、自分の時間が終わることよりも、これから沢山変化していく子ども達に会えなくなるのが悲しい、寂しい、死にたくない、と思うようになりました。

 


目の前にいる大切な人の笑顔や涙や怒りや迷いは、いましか受け取れない。


いつも、いつも、その瞬間を味わう51年目を重ねていかなければ。後悔のないように。




50才の誕生日に、日頃お世話になっているたくさんの皆様への感謝を込めて。



‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


大人のための
いのち目覚める暮らし


 

【表千家茶道教室】

月曜日 11時〜21時
土曜日 10時30分〜14時


【ビジネス茶道】
10月30日(火)1830〜2030
日本橋 コレド室町3


 


【アーユルヴェーダ料理教室】


9月19日(水)10時30分〜14時00分

『夏のイタリアン』


9月26日(水)10時30分〜14時00分

『辛くないインド料理』


10月18日(木)10時30分〜14時00分

『アーユルヴェーダ流中華料理』


10月31日(水)10時30分〜14時00分

『古代食を楽しむ』




ジェモセラピーストア セラピストコード「gemmo 019」



【植物療法ジェモセラピー1日講座】


9月20日木曜日

13時00分〜15時30分

若返りのためのジェモセラピーを学びます

(市ヶ谷セブンアカデミー)




【ジェモセラピーとお花の植物時間】
「茶花の寄せ植え」
9月28日(金)13時00分〜15時00分
9月29日(金)13時00分〜15時00分




 

水上繭子 暮らしをより上質なものにさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります