身体が目覚める古民家暮らし | 水上繭子*表千家茶道・大人になったら始めたい いのち目覚める暮らし教室・植物療法ジェモセラピスト

テーマ:
るりこう庵で養蚕のお手伝い体験をした夏休み。

田舎の親戚の家に遊びに来たような3泊の古民家暮らしは、普段都会暮らしで眠っている私の感覚を目覚めさせてくれました。


都会暮らしの私の身体には、ずいぶん眠ってしまっている機能や感覚が沢山あります。


それら眠っている機能や感覚が目覚めることによって、連携して普段使っている機能や感覚にも変化が起こります。


身体全体が生物として目覚めていくような感覚です。


{BE15BF8B-B864-44BF-8994-7CFA1BEDF2A8}

 

家庭排水は川や環境を汚すので、ケミカルな物は持ち込み禁止です。


歯磨き粉や洗顔は界面活性剤入りや石油系のものでなく、自然由来のもの。


調味料も、手作り味噌、手作り醤油、米油、天然塩、手作り梅干しのみで、シンプル。

 


長期滞在していたノブさんは、宮崎県のガラス作家さんでもあり、パン屋さんでもあります。


私と同年代のノブさんですが、炊事、洗濯、大工作業、農作業・・・なんでもできます。



ここではテレビもなく、ちょっとした時間には土間でまったり珈琲を飲むか、食事の下ごしらえをしながら、会話が始まります。

 

各自が食べ物を持ち込んだり買い出ししたりして、シェアします。


パン屋のノブさんは、天然酵母パンの材料を持ってきてくれていて、パンを焼いてくれました。



{CC4CF908-C29A-41E3-93E3-53E4638F3541}


土間のかまどオーブンでチャレンジしました。



{0C58FA8A-9AF9-4DE9-8CFD-4C65E6EC1DF1}


うまく火が上に登らずに苦労していましたが、美味しいレーズンパンが焼けました。



{FAC483B4-45D5-42D9-BCFD-B7B2F69BAE47}



{A73E392D-5564-4DCC-A86C-1D2E2D77E13F}

残り火でジャガイモを蒸かしました。

{64E35F99-A770-4BDA-8FFF-B0E1EDE0597C}

これだけで美味しい食事になりました。

{9763C18B-6D1E-4AB4-804A-4C8AE9C8942E}


焼き立て天然酵母パンと山の水で入れた珈琲・・・それだけで幸せなごはん。


 

{367B54F5-F0F0-4A9B-9E31-0A28ED4EC274}



洗濯機は昔の二層式。


洗濯して脱水、すすいで脱水。


洗濯機から完全に離れてしまうことはできません。


我が家も全自動の洗濯機になったのは、私が中学生くらいの頃かなあ。


お風呂は近くの大浴場に行きました。

 

 


車があればちょっとした時間に外出もできますが、私はペーパードライバーなので、片道1時間往復2時間かけて山を下りて一番近いセブンイレブンまでお散歩したりしました。


 

その間に、ノブさんはトンカントンカン大工仕事して、半日であっという間に、桑の葉を置いておく玄関先に棚を作ってしまいました。



{5B90468B-1C33-4D63-8DE7-3D125D9F2933}


{315018F3-F901-4593-85D2-E070AA2D1C14}



私が子ども時代からずっと憧れてきた、大草原の小さな家の「父さん」は、なんでもできた。


家や道具も作る、馬にも乗れて、バイオリンも弾く。

 

我が家の家人にはどれも無理(笑)


ノブさんは自分の家でもないのに、どうしてこんなことまで出来るんだろう、と思っていましたが、客人としてヨソヨソしく暮らしていた私も最後の日には、「自分の空間」として、より心地よくするために、掃除したり片付けたりしたくなってきたのです。


昔の人も、田舎の人も、得意とか好きではなく、自分の暮らしのためにその技術を自然と身に付けてきたのかもしれません。


家族を守るとか養うという形は、時代や地域や文化によって、こんなにも違うのだなと思います。


 


東京での生活はどんどん便利になっていて、時間は増えているはずだけれど、なぜか気ぜわしい。


最小限のものでシンプルな生活をしていると、食事、洗濯、庭仕事など暮らしの仕事で一日が終わっていきます。


身体も疲労し、夜に外に出る場所もないので、9時ごろには眠くなります。

 

 


周りを見渡すと若い人が暮らす様子はなく、過疎化と高齢化が進んでいる様子。


確かに、過疎と高齢でこの暮らしは大変です。


街に出ると、あちこちにグループホームがありました。


養老猛さんの著書で「参勤交代」を推奨しているのを読んだことがありますが、都会の人の身体を目覚めさせる時間と、過疎化と高齢化をサポートする役割がうまく交差して、こうして豊かな暮らしが日本に残り続けたらよいのに、と思いました。


私にそうした仕組み作りをする力はないのだけれど・・・そう思いました。



今回のお蚕さんプロジェクトはボランティアのリレー形式。


先日、無事あのお蚕さんたちが繭になったとの連絡をいただきました。


神秘的で美しい。



{7DFC3FCC-6EF3-43D6-BFF5-21A0D36ABCC6}


{C1ABDD98-F5FE-4998-962F-5BEA6D054980}


一念発起してそういう活動を始めるのは大変だけれど、こうしてチームでリレーして繋いでいくゆるい助け合いに、行政の仕組みにはない良さがあるのではないかと思いました。

 


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


大人のための
いのち目覚める暮らし
【アーユルヴェーダ料理教室】


9月19日(水)10時30分〜14時00分

『夏のイタリアン』


9月26日(水)10時30分〜14時00分

『辛くないインド料理』



【植物療法ジェモセラピー1日講座】


9月20日木曜日

13時00分〜15時30分

若返りのためのジェモセラピーを学びます

(市ヶ谷セブンアカデミー)



【表千家茶道教室】

月曜日 11時〜21時
土曜日 10時30分〜14時


【ビジネス茶道】
9月12日(水)1830〜2030
日本橋 コレド室町3


【ジェモセラピーとお花の植物時間】
「茶花の寄せ植え」
9月28日(金)13時00分〜15時00分
9月29日(金)13時00分〜15時00分



 

 


水上繭子 暮らしをより上質なものにさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります